シリコン光電子増倍管(SiPM)市場、2027年に1億7,920万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のシリコン光電子増倍管(SiPM)市場は、2021年に1億2,080万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.50%のCAGRで成長し、2027年には1億7,920万米ドル規模に達すると予想されています。

シリコン光電子増倍管(SiPM)は、単一光子感度、光子計数能力、高速応答性を備えた固体光検出器デバイスを指します。光子の吸収に応答して出力電流パルスを発生させる半導体デバイスです。単一光子レベルまでの微弱な光の信号のセンシング、タイミング、定量化などに広く用いられています。また、低電圧動作、優れた応答均一性、機械的堅牢性、磁界に対する非感受性、高ゲイン、温度安定性などの利点があります。近年、SiPMは、エレクトロニクス、自動車、ヘルスケア、IT・通信、石油・ガス、産業、航空宇宙など多くの産業において、その小型化と高効率化により、従来の光電子増倍管(PMT)に代わるものとして支持を集めています。

市場の動向

SiPMは、医療用画像処理、バイオフォトニクス、危険・脅威検知、高エネルギー物理学、光検出と測距(LiDAR)、3Dマッピング技術に幅広く採用されています。その結果、製品用途の増加や最終用途分野の著しい成長が、市場成長の主な要因となっています。また、ヘルスケア産業における正確な診断の必要性の高まりや、航空宇宙や自動車分野でのLiDAR技術の採用の増加が、シリコン光電子増倍管の需要を増大させています。このほか、先進運転支援システム(ADAS)の普及やハイエンド車の販売急増が、製品の採用を増加させています。さらに、大手企業は競争力を高め、顧客基盤を拡大するために、革新的な製品バリエーションを発売するための研究開発活動に取り組んでいます。その他、半自律走行車へのシフト、原子力発電所の増加、製品検出と画像化の需要拡大、技術の進歩なども、市場に明るい見通しをもたらしています。

主要な市場区分

世界のシリコン光電子増倍管(SiPM)市場は、タイプ、デバイスタイプ、アプリケーション、産業分野に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・NUV SiPM

・RGB SiPM

デバイスタイプ別の市場区分

・アナログSiPM

・デジタルSiPM

アプリケーション別の市場区分

・LiDAR

・メディカルイメージング

・高エネルギー物理学

・危険・脅威検知

・その他

産業分野別の市場区分

・自動車

・ヘルスケア

・IT・通信

・航空宇宙

・石油・ガス

・その他

市場の競合状況

世界のシリコン光電子増倍管(SiPM)市場における主要な企業としては、AdvanSiD, Berkeley Nucleonics Corporation, Broadcom Inc., Cremat Inc., Dynasil Corporation, Excelitas Technologies Corp., First Sensor AG (TE Connectivity), Hamamatsu Photonics K.K., John Caunt Scientific ltd., PicoQuant,  Semiconductor Components Industries LLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]