アーモンドオイル市場、2027年に43億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のアーモンドオイル市場は、2021年に21億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.6%のCAGRで成長し、2027年には43億米ドル規模に達すると予想されています。

アーモンドオイルは、アーモンドの木として知られるPrunus dulcisの種子から得られる無色または淡黄色のオイルです。脂肪、食物繊維、植物化学物質、ビタミン、ミネラルなどの必須栄養素が含まれています。免疫力を高め、健康的なコレステロール値を維持し、がんや心臓病などの病気のリスクを低減するのを助けます。また、抗菌、抗真菌、抗炎症、エモリエント、硬化剤の特性を持ち、肌の色の改善や乾燥肌に栄養を与えるのに役立ちます。そのため、アーモンドオイルは世界的にパーソナルケア製品の製造に利用されています。

市場の動向

現在、世界中の製薬業界で、さまざまな医薬品を製造するためにアーモンドオイルの需要が大幅に増加しています。これは、過敏性腸症候群(IBS)の症状の軽減、高密度リポタンパク質(HDL)レベルの上昇、結腸癌や低密度リポタンパク質(LDP)の発生率の減少などの利点に起因しています。また、化粧品に含まれるパラベンやフタル酸エステル類などの化学物質がもたらす悪影響に対する人々の意識が高まっていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、非遺伝子組み換え作物(GMO)、植物由来成分、クリーンラベルを使用した天然・有機製品へのニーズが大幅に高まっており、これが市場の成長に寄与しています。加えて、主要な市場参加者は、新製品を投入し、有名人の推薦などによるマーケティングキャンペーンにより売上を拡大しており、これが良好な市場展望をもたらしています。その他、食品・飲料業界では、さまざまな食品を製造するための機能性成分としてアーモンドオイルの利用が増加しており、市場の成長をさらに加速しています。

主要な市場区分

世界のアーモンドオイル市場は、タイプ、用途、流通チャネルに基づいて細分化されています。 

タイプ別の市場区分

・スイートアーモンドオイル

・ビターアーモンドオイル

用途別の市場区分

・食品加工

・化粧品

・医薬品

・その他

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・食品専門店

・薬局

・化粧品ディスカウントストア

・その他

市場の競合状況

世界のアーモンドオイル市場における主要な企業としては、AOS Products Private Limited、Ashwin Fine Chemicals and Pharmaceuticals、Bajaj Consumer Care Ltd、Blue Diamond Growers Inc.、Caloy Company LP、Dabur India Ltd、Eden Botanicals、ESI srl、Flora Manufacturing & Distributing Ltd、Liberty Vegetable Oil Company、 Mountain Ocean Ltdなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]