ジェットミル市場、2027年に1億8,490万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のジェットミル市場は、2021年に1億4,120万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.30%のCAGRで成長し、2027年には1億8,490万米ドル規模に達すると予想されています。

ジェットミルは、粒子を極小のサイズに粉砕・縮小するために使用される粉砕装置を指します。農薬、医薬品、有機・無機顔料、合成染料、ポリマーなど、砕けやすく脆い材料の粒子径を小さくするために使用されます。ジェットミルは、高圧で圧縮された空気、ガスまたは蒸気を利用して、物質の粒子間に速度衝突を発生させるものです。一般的には、スパイラル型と流動床型があり、微粉末の混合にも使用されます。ジェットミルは、可動機械部品数が最低限度であること、部品の洗浄が容易であること、非常に微細な粒子を生産できることなど、さまざまな利点があります。その結果、農業、化学、製薬、食品・飲料など、さまざまな産業で幅広く利用されています。

市場の動向

高級スキンケア製品や化粧品に対する大衆の需要が高まっていることが、市場成長の主な要因の一つとなっています。製品メーカーは、ジェットミルを使用して結晶性材料や温度に敏感な材料を粉砕し、化粧品にきめ細かく滑らかな質感を与えています。また、製薬業界で広く製品が採用されていることも、市場成長の推進力となっています。ジェットミルは、顔料の加工や医薬品のバイオアベイラビリティと効能を高めるための微粉砕に広く使用されています。さらに、硬質材料の縦型および円筒型粉砕に流動床式ジェットミルを使用するケースが増加していることも、市場の成長に寄与しています。加えて、農業分野では、超微細な農薬製剤や土壌汚染防止に役立つ種子粉の製造に利用されています。その他、特に発展途上国における急速な工業化、鉱業における製品需要の増加などが、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

ジェットミルの世界市場は、タイプ、容量、最終用途産業に基づいて細分化されています。

タイプ別の市場区分

・流動層式ジェットミル

・スパイラルジェットミル

・その他

容量別の市場区分

・200kg/h未満

・201~1000kg/h未満

・1000kg/h以上

最終用途産業別の市場区分

・化学業界

・製薬業界

・鉱工業界

・その他

市場の競合状況

ジェットミルの世界市場における主要な企業としては、Erich NETZSCH GmbH & Co. Holding KG, Fluid Energy Processing & Equipment Company, FREUND Corporation, Hosokawa Micron Corporation, Kunshan Unique Machinery Co. Ltd., Kurimoto Ltd., Loesche GmbH, Midas Microtech Engineering Private Limited, Promas Engineers Private Limited, Tecnologia Meccanica, The Jet Pulverizer Co. Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]