シラン市場、2027年に23億5,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

シラン市場は、2021年に17億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.22%のCAGRで成長し、2027年には23億5,000万米ドル規模に達すると予想されています。

シラン(H4Si)は無色で可燃性の有毒ガスであり、強い反発臭があります。ケイ化アルミニウムと塩酸、またはアンモニウム、ナトリウム、マンガン、塩化第一鉄の水溶液を用いて調製されます。酸化剤と反応し、皮膚、目、粘膜に強い刺激を与えます。接着促進剤、架橋剤、カップリング剤、脱湿剤、表面改質剤、樹脂添加剤など、多くの工業用途に広く使用されています。また、毛細管水や有害物質の吸着を抑え、耐凍害性を向上させることから、水性液体やゲルとして使用されています。

市場の動向

急速な都市化と家電製品の需要の高まりは、市場にプラスの影響を与える重要な要因の一つです。これは、半導体の製造や電子製品の低電圧ケーブルの絶縁にシランが広く使用されていることに起因しています。また、ガラス、金属、紙、プラスチック、石英、エラストマーなどの基材にも適用されています。このほか、スマート家電の増加傾向やスマートホームの出現は、市場に明るい展望を生み出しています。さらに、太陽電池の製造に使用されるアモルファスシリコン膜の成長にも、他のガスと一緒に使用されています。また、各国の政府は、個人の太陽光発電の利用を促進するために、いくつかのソーラーパネル部品に対して税額控除やインセンティブ、割引価格を提供しているため、メーカーに有利な成長機会を提供しています。さらに、シランの架橋プロセスと特性の向上により、床下温水暖房パイプや発泡体の製造におけるシランの用途が拡大し、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界のシラン市場は、製品、用途、最終使用産業に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・アルキルシラン

・イオウシラン

・アミノシラン

・ビニルシラン

・エポキシシラン

・メタクリレートシラン

・モノ/クロロシラン

・その他

用途別の市場区分

・カップリング剤

・粘着付与剤

・疎水化剤・分散剤

・水分捕捉剤

・ケイ酸塩安定剤

・その他

最終使用産業別の市場区分

・塗料・コーティング

・エレクトロニクス・半導体

・ゴム・プラスチック

・接着剤・シーラント

・その他

市場の競合状況

世界のシラン市場における主要な企業としては、Air Products Inc., Dow Inc., Evonik Industries AG, Gelest Inc. (Mitsubishi Chemical Holdings Corporation), Momentive Performance Materials Inc., Nanjing Shuguang Chemical Group Co. Ltd., Power Chemical Corporation, Rheinmetall AG, Shin-Etsu Chemical Co. Ltd., Silar, Tokyo Chemical Industry Co. Ltd, Wacker Chemie AGなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]