通信用電源システム市場、2027年に77億米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

世界の通信用電源システム市場は、2021年に44億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.6%のCAGRで成長し、2027年には77億米ドル規模に達すると予想されています。

通信用電源システムは、通信ネットワーク上の電力の流れを制御・監視することで、通信サービスを支援するために使用されます。通信用電源システムは、コンバーター、コントローラー、分配器など、さまざまな技術的要件を備えた多数の小型ユニットで構成されています。通信用電源システム市場は、通信産業が情報技術(IT)と統合された後に進化を遂げました。 通信用電源システムの世界市場は、通信塔が地方や遠隔地にも多く設置されていることから、現在急成長しています。このような地域では、電力網の整備が難しく、電力不足に陥ることが多いため、電源システムは通信サービスを維持・管理するための費用対効果の高いソリューションとなっています。

特にアジア太平洋地域やアフリカなどの発展途上地域では、地方における通信インフラが大きく成長しており、通信用電源システムの需要を促進する重要な要因となっています。このような地域では、増加する加入者の需要に対応するため、地方や遠隔地に多くの電波塔が設置されています。通信用電源システムは、このような場所での通信サービスの効率と信頼性を向上させる上で大きな役割を担っています。さらに、ハイブリッド電源システムの普及は、風力や太陽光などの再生可能エネルギーを利用することで環境に良い影響を与え、温室効果ガスの排出量を削減することにもつながっています。

主要な市場区分

通信用電源システムの世界市場は、製品タイプ、コンポーネント、電源、グリッドタイプ、地域に基づいて細分化されています。

製品タイプ別の市場区分

・直流方式

・交流方式

現在、直流方式が最も大きなシェアを占めています。

コンポーネント別の市場区分

・整流器

・コンバーター

・コントローラー

・ヒートマネジメントシステム

・ジェネレーター

・その他

電源別の市場区分

・ディーゼルバッテリー

・ディーゼル-ソーラー

・ディーゼル-風力

・複数電源

グリッドタイプ別の市場区分

・オングリッド

・オフグリッド

・バッドグリッド

地域別の市場区分

・北米

・アジア・パシフィック

・欧州

・中近東・アフリカ

・中南米

市場の競合状況

通信用電源システムの世界市場における主要な企業としては、Delta Electronics、Eaton、ABB Group、Huawei Technologies Co.、Schneider Electric、Vertiv Co.、Cummins Power、Myers Power Products, Inc.、Ascot Industrial、Unipowerなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]