学校用家具市場、2021年に64億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の学校用家具市場は、2021年に43億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.5%のCAGRで成長し、2027年には64億米ドル規模に達すると予想されています。

学校用家具は、木材、金属、プラスチックなどの耐久性のある材料で作られており、さまざまな形や大きさのものがあります。一般的には、机、椅子、板、テーブル、食器棚などで構成され、生徒が集中して効率的に課題をこなせるよう支援します。現在、各メーカーは、共同学習のために、さまざまなスタイル、色、デザインの多目的家具を提供しています。また、新しい教育スタイルに対応するために、簡単に組み替えられる可動式の家具にも力を入れています。

市場の動向

学校用家具は教育インフラの重要な一部と考えられており、世界中の学校への入学希望者が大幅に増加していることが、市場にプラスの影響を与える重要な要因の一つとなっています。また、多くの国の行政機関が新しい学校を開設し、教育を促進するために行っている様々な措置は、この業界で事業を展開するメーカーに有利な成長機会を提供しています。これに加えて、いくつかの学校は、快適さを提供し、学生の学習体験を向上させるために、最高品質の家具を設置することに注力しています。さらに、学校での学習をより効果的にするために、コンピューター画面やプロジェクターを備えたスマートクラスの導入の増加が、市場の成長を促進しています。これとは別に、主要企業は、二酸化炭素排出量を最小限に抑え、天然資源を保護するために、廃材のようなリサイクル可能で持続可能な材料を使用して作られた環境に優しい製品を導入しています。また、オンライン小売チャネルを通じて、美しい外観を持つカスタマイズ家具を提供しています。このことは、好況な電子商取引業界や、子供の健康や姿勢の問題の解決に役立つ人間工学に基づいて設計された家具の採用が増加していることと相まって、今後数年間で市場に明るい展望をもたらすと予想されます。

主要な市場区分

世界の学校用家具市場は、製品、素材、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・デスク・チェア

・収納

・実験器具

・その他

デスク・チェアは、体を動かしながら健康的な姿勢を保つことができるため、圧倒的な支持を得ています。

素材別の市場区分

・木材

・金属

・プラスチック

・その他

木材は、コストパフォーマンスが高く、耐久性、メンテナンス性、耐摩耗性に優れているため、最も多く使用されています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

北米は、教育分野の発展により、市場シェアの大半を占めています。

市場の競合状況

世界の学校用家具市場における主要な企業としては、HNI Corporation、Steelcase Inc.、MillerKnoll, Inc.、Smith System Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]