フミン酸市場、2027年に9億8,840万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のフミン酸市場は、2021年に5億4,590万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.60%のCAGRで成長し、2027年には9億8,840万米ドル規模に達すると予想されています。

フミン酸(C9H9NO6)は水溶性の有機物質で、ベースとなる抽出液を酸性にすると凝集します。作物の肥沃度を向上させ、栄養分の吸収を可能にして植物の成長を促進し、土壌浸食を防止し、土壌の質感、pHレベル、保湿性を維持するための肥料添加物に広く使用されています。フミン酸は、ミネラル、カリウム、リン、ビタミンなどの必須栄養素を含んでいます。現在、粉末状、顆粒状、液状など、さまざまな形態で市販されています。

市場の動向

土壌の陽イオン交換容量(CEC)と酸素含有量を高めるために園芸分野でフミン酸が広く使用されていることは、フミン酸市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、化学肥料は有害な副作用があるため、農家が有機肥料にシフトしていることも、市場の推進要因となっています。さらに、生物学的ストレスへの耐性を強化することで植物の成長に影響を与え、穀物収量の質を高めるバイオ刺激剤の導入が、市場の成長に寄与しています。加えて、動物の健康を維持し、乳生産を増加させるために、動物飼料にフミン酸が広く利用されていることも、市場の成長を後押ししています。これとは別に、作物収量を促進するために有機肥料を使用することにより、農業部門を強化するための多くの国の政府によって行われたいくつかのイニシアチブも、市場成長を加速しています。その他、フミン酸が健康にもたらす多くの利点に対する認識が高まっていることや、世界中の化粧品、医薬品、栄養補助食品産業で幅広く利用されていることも、市場の成長を推進しています。

主要な市場区分

フミン酸の世界市場は、形態、販売チャネル、用途に基づいて細分化されています。

形態別の市場区分

・粉末状

・顆粒状

・液状

販売チャネル別の市場区分

・直接販売

・間接販売

用途別の市場区分

・農業

・動物飼料

・製薬

・園芸

・その他

市場の競合状況

フミン酸の世界市場における主要な企業としては、Agbest Technology Co. Limited、Arctech Inc.、Black Earth Humic、Cifo Srl、Desarrollo Agrícola y Minero S.A.、Humic Growth Solutions Inc.、Humintech GmbH、Jiangxi Pingxiang Anhua Biotechnology Co. Ltd.、Jiloca Industrial S.A.(JISA)、Saint Humic Acid、The Andersons Inc.、Xian Shan Yuan Agriculture & Technology Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]