リキッドバイオプシー市場、2027年に37億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のリキッドバイオプシー市場は、2021年に14億9,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は15.70%のCAGRで成長し、2027年には37億米ドル規模に達すると予想されています。

リキッドバイオプシーは、外科的生検に代わる非侵襲的な方法で、医師が血液サンプルを通じてがんに関する情報を入手し、それに応じて治療計画を立てることを可能にします。これは、がんの遺伝子発現プロファイルの変化を反映し、個別化治療のための強固な基盤を提供することができます。早期診断のスクリーニング、がんの不均一性、薬剤耐性を支援します。また、非小細胞肺がん(NSCLC)患者の間で発生する上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異を検出することもできます。

市場の動向

長時間座りがちなライフスタイルやタバコの消費量の増加により、世界中でがん患者の数が急増しています。これは、がん診断における高度な低侵襲(MI)処置に関する個人の意識の高まりとともに、市場を牽引する重要な要因の一つとなっています。また、数カ国の政府当局は、先進的ながんソリューションの導入を促進するために研究開発(R&D)活動に資金を提供しています。これらの当局は、ヘルスケア産業の発展にも多大な投資を行っており、業界関係者に有利な成長機会を提供しています。これとは別に、主要な市場参加者は、世界中で個別化医療を発展させるために製品の上市に注力しています。さらに、リキッドバイオプシーの技術的進歩を統合して、より優れた手順のワークフローとアウトプットを提供しています。これは、早期がん検出のための血液ベースの生検検査の採用が増加していることと相まって、市場にプラスの影響を与えています。加えて、短時間で高精度な手術を実現するために、がんの臨床診断にエクソソームの使用が増加していることは、リキッドバイオプシーの需要拡大に寄与しています。その他の市場促進要因としては、デジタルポリメラーゼ連鎖反応(PCR)および次世代シーケンス(NGS)ベースの技術における急速な発展などが挙げられます。

主要な市場区分

世界のリキッドバイオプシー市場は、製品・サービス、循環バイオマーカー、がんの種類、エンドユーザーに基づいて細分化されています。

製品・サービス別の市場区分

・キット・試薬

・プラットフォーム・装置

・サービス

循環バイオマーカー別の市場区分

・循環腫瘍細胞

・細胞外小胞

・循環腫瘍DNA

・その他

がんの種類別の市場区分

・肺がん

・乳がん

・大腸がん

・前立腺がん

・肝臓がん

・その他  

エンドユーザー別の市場区分

・病院・研究所

・学術・研究機関

・その他

市場の競合状況

世界のリキッドバイオプシー市場における主要な企業としては、mANGLE plc、Biocept Inc.、Bio-Rad Laboratories Inc.、Epigenomics AG、Exact Sciences Corporation、F. Hoffmann-La Roche AG、Guardant Health Inc.、Illumina Inc.、MDxHealth SA、Menarini Silicon Biosystems、QIAGEN N.V.、Thermo Fisher Scientific Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]