補強材市場、2027年に286億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の補強材市場は、2021年に186億4,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.10%のCAGRで成長し、2027年には286億米ドル規模に達すると予想されています。

補強材は、最終的な複合材料の物理的・機械的特性を向上させるために、マトリックス材料に添加されます。補強材は、硬くて強く、剛性があり、繊維、フィラー、フレーク、微粒子などの形態で提供されています。安価で耐食性に優れているため、釣り竿、貯蔵タンク、航空機部品などに広く使用されています。また、電子機器、塗料、コーティング剤、その他さまざまな工業製品の製造にも使用されています。最近では、世界中のメーカーが、木材セルロースのような動植物由来のバイオマスから作られたグリーン補強材を導入しています。

市場の動向

現在、コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、綿棒、使い捨てマスク、個人用保護具(PPE)のニーズが高まっています。これは、ヘルスケア産業における補強材の使用にプラスの影響を与える重要な要因の一つです。これとは別に、不動産物件の購買件数の増加により、コンクリート構造物に引張強度と延性を付与するため、建設産業において補強材の需要が増大しています。さらに、インフラプロジェクトへの投資の増加により、土壌の安定性を高め、浸食を防止し、排水を支援するためにジオテキスタイルや補強材の使用が増加しています。このほか、ランフラットタイヤや超高速タイヤの需要の高まりにより、自転車、土木機械、大型トラック、スペースシャトルの着陸装置などにおける補強繊維の採用が世界的に進んでいます。さらに、強化繊維は強靭で有機溶剤、燃料、潤滑油に対する耐性があるため、防衛産業において弾道用途に広く利用されています。その他、市場関係者は、低密度や優れた耐衝撃性、耐疲労性などの魅力的な特徴を持つポリエステルやナイロンの熱可塑性繊維を導入しており、これが市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の補強材市場は、材料タイプ、用途、最終使用産業に基づいて細分化されています。

材料タイプ別の市場区分

・ガラス繊維

・炭素繊維

・アラミド繊維

・天然繊維

・その他

用途別の市場区分

・コンポジット

・コンクリート

・その他

最終使用産業別の市場区分

・航空宇宙・防衛

・建設

・運輸

・風力発電

・産業・消費財

・その他

市場の競合状況

世界の補強材市場における主要な企業としては、BASF SE, Century Enka Limited, Cordenka GmbH & Co. KG, Dupont De Nemours Inc., Formosa Taffeta Co. Ltd., Honeywell International Inc., Hyosung Advanced Materials, Kolon Industries Inc., N.V. Bekaert S.A., Teijin Limited, Toray Industries Inc., Toyobo Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]