ブースターコンプレッサー市場、2027年に44億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

ブースターコンプレッサーの世界市場は、2021年に32億4,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.30%のCAGRで成長し、2027年には44億9,000万米ドル規模に達すると予想されています。

ブースターコンプレッサーは、既存のシステムの圧力を高めるために作られた機器の一部を指します。これは、配信バルブシリンダーヘッド、受信タンクと吐出タンクで構成され、水ベースと空気ベースの冷却を提供します。工業用電線管やパイプラインの圧力試験、高圧タイヤの最適化、エンジンスターターシステム、シャワーヘッドや蛇口の水量と圧力の増加、ペットボトル製造、小型エアーツールのトルク強化などに広く使用されています。ブースターコンプレッサーは、効率性、生産性、汎用性、運搬性、安全性、信頼性、高圧力発生能力、収益性を提供します。ブースターコンプレッサーのほとんどは空圧式で、高い圧力を維持するために短時間で使用されます。その結果、製造業、化学、石油・ガスなど、さまざまな産業で幅広い用途が見出されています。

市場の動向

世界の石油・ガス産業の著しい成長は、市場に明るい展望をもたらしています。ブースターコンプレッサーは、指定された圧力と温度でタービンに連続的にガスを供給するために広く使用されています。これに伴い、窒素圧縮や水素ブランケティングに広く利用されていることが、市場の成長を後押ししています。さらに、遠隔監視、性能分析、予定外のオイル交換や予防保全(PM)のためにアラートを提供するための人工知能とモノのインターネット(IoT)の統合など、さまざまな技術的進歩が市場成長の原動力となっています。加えて、環境意識の高まりによる液化石油ガス(LPG)、圧縮天然ガス(CNG)、クリーンエネルギー燃料の需要増は、市場成長にプラスの影響を与えています。その他、化学産業の大幅な拡大、電気自動車の需要増加、製造業の発展に向けた政府の様々な取り組みの実施などが、市場の成長に向けた原動力になると予想されます。

主要な市場区分

ブースターコンプレッサーの世界市場は、冷却タイプ、圧縮段階、動力源、エンドユーザーに基づいて分類されています。

冷却タイプ別の市場区分

・空冷式

・水冷式

圧縮段階別の市場区分

・シングルステージ

・ダブルステージ

・マルチステージ

動力源別の市場区分

・電気

・内燃機関

エンドユーザー別の市場区分

・オイル&ガス

・製造業

・工業試験場

・建設

・その他

市場の競合状況

ブースターコンプレッサーの世界市場における主要な企業としては、Atlas Copco AB, BAUER COMP Holding GmbH, Bauer Compressors Inc., BOGE KOMPRESSOREN Otto Boge GmbH & Co. KG, Gas Compression Systems Inc., Generon, Hitachi Ltd., IDEX Corporation, Ingersoll Rand Inc., Kaeser Kompressoren SE, Sauer Compressors USA Inc., TGT Fuel Technologies Pvt. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]