構造的心臓イメージング市場、2027年に304億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の構造的心臓イメージング市場は、2021年に162億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は10.60%のCAGRで成長し、2027年には304億米ドル規模に達すると予想されています。

構造的心臓イメージング(SHI)は、心臓を分子レベルでスクリーニングして検査するために、医療業界で広く展開されている特殊な技術です。この手法には、内部要素の画像を作成し、明確で正確な診断を得るために2次元断面分析を行うための光の反射の利用が含まれます。さらに、干渉のリスクを最小限に抑えながら、閉塞部や挿入経路を特定するなど、さまざまな手術手順を実行することで専門家を支援するために使用されます。

市場の動向

様々な先天性疾患、心疾患、過度の飲酒や不健康な食習慣による肥満、糖尿病、高血圧などの生活習慣病の有病率の上昇は、世界の構造的心臓イメージング市場の主要な成長要因となっています。また、消費者の健康意識の高まりは、全世界の市場にプラスの影響を与えています。さらに、高精度・高解像度のカメラやセンサーのサポートにより、非弁膜症や弁膜症などのさまざまな心臓疾患に対処するためにSHIが広く採用されていることが、市場の成長に大きく寄与しています。加えて、経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR)の導入も、市場の成長を後押ししています。さらに、高度な構造的心臓イメージングや心臓システムを導入するための研究開発(R&D)活動への投資の増加も、市場に明るい展望をもたらしています。その他、患者の健康を維持するための医療インフラを改善するために、各国の政府が多くのイニシアチブを取っていることも、市場の推進力となっています。

主要な市場区分

世界の構造的心臓イメージング市場は、イメージングモダリティ、手術の種類、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。

イメージングモダリティ別の市場区分

・心エコー図

・血管造影

・CT

・MRI

手術の種類別の市場区分

・経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR) 

・外科的大動脈弁置換術(SAVR) 

・経カテーテル僧帽弁修復術(TMVR) 

・左心房付属器閉鎖術(LAAC)

・環状弁形成術

・弁形成術

・その他

アプリケーション別の市場区分

・診断

・外科手術

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・専門クリニック

・心臓センター

・診断センター

・外来外科センター

・カテーテル検査室

・その他

市場の競合状況

世界の構造的心臓イメージング市場における主要な企業としては、Abbott Laboratories、Boston Scientific Corporation、Circle Cardiovascular Imaging Inc.、Edwards Lifesciences Corporation、Integer Holdings Corporation、Koninklijke Philips N.V. 、Lepu Medical Technology (Beijing) Co. Ltd、LivaNova PLC、Medtronic plc、Pie Medical Imaging B.V.、Siemens Healthcare GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]