職場ストレスマネジメント市場、2027年に151億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の職場ストレスマネジメント市場は、2021年に92億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.20%のCAGRで成長し、2027年には151億9,000万米ドル規模に達すると予想されています。

職場のストレスとは、従業員と職務上の要件との間の長期的な衝突によって生じる身体的・感情的な有害反応のことを指します。通常、過度の職業的プレッシャーや、タスクやパフォーマンスに対する個人のコントロールレベルが低いことが原因で発症します。職場のストレスマネジメントには、ストレス要因を最小限に抑え、対処するのに役立つさまざまなツールやサービスの提供が含まれます。組織では、ストレス評価テスト、カウンセリングセッション、回復力トレーニング、進捗管理プログラムを実施し、心理学者、パーソナルフィットネストレーナー、瞑想専門家のサービスを提供しています。これらのプログラムは、全体的な効率を高め、生産性の低下を最小限に抑え、従業員の身体的・精神的な健康を促進するのに役立っています。

市場の動向

うつ病、不安神経症、慢性疲労など、さまざまな精神疾患の増加傾向は、市場の成長を促す重要な要因の一つとなっています。また、従業員の健康に対する意識が高まっていることも、市場成長の原動力となっています。組織は、従業員にストレスを与える可能性のある状況や誘因を特定・評価するための体系的なアプローチを広く採用しています。また、職場のストレスマネジメントプログラムは、勤怠レベル、管理スタイル、社内コミュニケーションの改善にも役立っています。これに伴い、コロナウイルス (COVID-19) が大流行したことで、在宅勤務の従業員が経験する心理的な問題に対処するための効果的な職場ストレスマネジメントソリューションの需要がさらに高まっています。コロナパンデミックにより個人の経済的損失が大きくなり、メンタルヘルスにも深刻な影響を及ぼしています。さらに、オンラインによる自己診断テストの普及が、市場に明るい展望をもたらしています。その他、大衆の健康意識の高まりや、労働安全衛生(OSH)を促進するための有利な政府政策の実施などが、市場の成長に向けた原動力になると予想されます。

主要な市場区分

職場ストレスマネジメントの世界市場は、サービス、提供形態、アクティビティ、エンドユーザーに基づいて分類されています。

サービス別の市場区分

・ストレスアセスメント

・ヨガと瞑想

・回復力トレーニング

・進捗管理指標

・その他

提供形態別の市場区分

・パーソナルカウンセラー

・パーソナルフィットネストレーナー

・メディテーションスペシャリスト

・その他

アクティビティ別の市場区分

・インドア

・アウトドア

エンドユーザー別の市場区分

・小規模組織

・中規模組織

・大規模組織

市場の競合状況

職場ストレスマネジメントの世界市場における主要な企業としては、Asset Health Inc.、Cascade Centers Inc.、Central Corporate Wellness Pte. Ltd.、ComPsych Corporation、CuraLinc Healthcare、CVS Health Corporation、Fitbit LLC(Alphabet Inc.)、Headspace Inc.、Marino Wellness LLC、Sol Wellness LLC、Truworth Health Technologies Pvt.Ltd.、Wellness Corporate Solutions LLCなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]