朝食用食品市場、2027年に5,273億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の朝食用食品市場は、2021年に4,152億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.0%のCAGRで成長し、2027年には5,273億米ドル規模に達すると予想されています。

朝食用食品は、1日の最初の食事として消費されるさまざまな製品を指します。最も一般的な朝食用食品の種類には、シリアル、パン、卵、おかゆ、ワッフル、パンケーキ、スナックバー、ベーコン、ソーセージなどがあります。これらは主に、トウモロコシ、大麦、小麦、オート麦などの穀物から加工され、食物繊維、タンパク質、炭水化物、その他の必須栄養素が豊富に含まれています。これらの製品は、カロリーを燃焼させ、一日中エネルギーレベルを維持するために新陳代謝を活性化するのに役立っています。

市場の動向

肥満や糖尿病などの慢性的な生活習慣病の増加に伴い、消費者の健康意識が高まっていることも、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、労働人口の増加に伴い、食生活や食の嗜好が変化していることも、市場拡大に拍車をかけています。さらに、有機食品、グルテンフリー食品、ビーガン食品など、さまざまな朝食用食品に対する消費者の志向が高まっていることも、メーカーがさまざまなフレーバーや魅力的なパッケージで冷凍食品や調理済み食品を発売する要因となっています。たとえば、朝食用シリアルにはさまざまなフレーバーがあり、その他にもナトリウム、砂糖、脂肪の含有量を最小限に抑えた食品がいくつか販売されています。その他、メーカーによる積極的なプロモーション活動や、消費者に手間のかからないショッピング体験を提供するオンライン小売チャンネルの普及などが、市場成長をさらに加速すると予測されています。

主要な市場区分

世界の朝食用食品市場は、供給元、包装タイプ、流通チャネルに基づいて分類されています。

供給元別の市場区分

・小麦

・米

・オート麦

・とうもろこし

・大麦

・その他

包装タイプ別の市場区分

・ボックス

・パウチ

・その他

流通チャネル別の市場区分

・ハイパーマーケット・スーパーマーケット

・独立系小売業

・専門店

・コンビニエンスストア

・その他

市場の競合状況

世界の朝食用食品市場における主要な企業としては、Britannia Inc.、Campbell Soup Company、General Mills、Healthy Choice、Kellogg’s、Kraft Heinz、McVitie’s、Nestle、Starbucks、Unilever Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]