マシンビジョン市場、2027年に184億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のマシンビジョン市場は、2021年に111億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.7%のCAGRで成長し、2027年には184億米ドル規模に達すると予想されています。

マシンビジョンは、ビジョンシステムやインダストリアルビジョンとも呼ばれ、あらゆる種類の機械のプロセスを観察するための技術です。マシンビジョンは通常、様々なカメラで構成されており、必要に応じて機械の上に設置することで、プロセス全体を適切に監視することができます。これらのカメラは、必要に応じて信号の捕捉と解釈を行うように固定されています。マシンビジョン技術は、ソフトウェアとハードウェアの正確な調整によって機能します。マシンビジョンは現在、品質の向上、生産性の向上、生産コストの削減、フロアスペースの縮小、生産の柔軟性の向上、資本設備コストの削減など、企業に多くのメリットをもたらしています。

人間の視覚は、複雑で構造化されていないシーンの定性的な解釈に適していますが、マシンビジョンは、その速度、精度、再現性により、構造化されたシーンの定量的な測定に優れています。例えば、生産工程において、マシンビジョンシステムは1分間に数百または数千の部品を検査する能力を持っています。最適なカメラ解像度とレンズを備えたマシンビジョンシステムは、人間の目では小さすぎて見えない対象物の詳細を、難なく検査することができます。また、テストシステムとテストされる部品の間の物理的な接触をなくすことで、マシンビジョンは部品の損傷を回避し、機械部品の摩耗に関連するメンテナンス時間とコストを削減します。さらに、マシンビジョンは、生産プロセスにおける手作業を減らすことで、安全性と運用面での利点をもたらします。加えて、マシンビジョンは、クリーンルーム内の人間による汚染を防ぎ、危険な環境から作業者を保護するのにも役立ちます。

主要な市場区分

世界のマシンビジョン市場は、製品、コンポーネント、アプリケーション、最終用途産業、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・ビジョンシステム  

・カメラ

・その他

コンポーネント別の市場区分

・ハードウェア

・ソフトウェア

アプリケーション別の市場区分

・ポジショニング

・識別

・検証

・計測

・欠陥検出

・その他

最終用途産業別の市場区分

・自動車

・医療・医薬品

・電子機器・半導体

・食品・包装・印刷

・セキュリティ・監視

・高度道路交通システム

・その他

地域別の市場区分

・アジア太平洋

・欧州

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界のマシンビジョン市場における主要な企業としては、Cognex Corporation, Basler AG, Omron Corporation, National Instruments Corporation, Keyence Corporation, Sony Corporation, Teledyne Technologies, Inc., Texas Instruments, Inc., Allied Vision Technologies GmbH, Intel Corporation, Baumer Optronic GmbH, Jai A/S.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]