産業用オートメーションサービス市場、2027年に3,091億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の産業用オートメーションサービス市場は、2021年に1,816億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は9.09%のCAGRで成長し、2027年には3,091億米ドル規模に達すると予想されています。

産業用オートメーションサービスは、ロボットやコンピュータ、情報技術などの制御システムを使用して、さまざまなプロセスを処理し、機械を操作します。これらのサービスは、設計、インストール、メンテナンス、サポートなどのプロセスを制御し、調整します。産業用オートメーションサービスは、大量の非構造化データを手動で処理するよりも効率的に管理することができます。自動化は、製造工場において、迅速な生産、コスト削減、製品品質のチェック、製造の標準化、廃棄物の最小化、生産の監督を可能にします。また、精度の向上、人件費の削減、柔軟性、高速性、静粛性など、さまざまなメリットがあります。

市場の動向及び成長要因

数多くの企業がオートメーションサービスを選択しています。これは、手作業への依存を減らし、大量生産のペースを速めることができるからです。さらに、産業用オートメーションサービスを利用することで、生産プロセスの速度が向上します。その結果、電力やその他の資源の消費を抑え、製造プロセスのコストを削減することができます。もう一つの大きな成長要因は、効率的な自動化システムに対する需要が継続していることです。これに伴い、複数の企業がこれらのサービスの研究開発活動を促進するために投資を行っています。また、工業化や都市化の著しい進展に伴い、反復的な作業を自動化し、ビジネスプロセスを合理化する必要性がさまざまな産業分野で高まっています。

主要な市場区分

世界の産業用オートメーションサービス市場は、サービスの種類、製品タイプ、エンドユーザー、地域に基づいて区分されています。

サービスの種類別の市場区分

・プロジェクトエンジニアリングおよびインストール

・メンテナンス・サポートサービス

・コンサルティングサービス

・運用サービス

製品タイプ別の市場区分

・DCS

・SCADA

・PLC

・MES

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・ディスクリート産業

・プロセス産業

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

世界の産業用オートメーションサービス市場における主要な企業としては、Siemens AG、Honeywell International Inc.、General Electric Company、Mitsubishi Electric、Rockwell Automation、Johnson Controls Inc.、Schneider Electric、Yokogawa Electric Corporation、OMRON Corporation、Danaher Corporationなどがあります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]