電子タバコ市場、2027年に300億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の電子タバコ市場は、2021年に204億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.5%のCAGRで成長し、2027年には300億米ドル規模に達すると予想されています。

電子タバコは、従来のタバコよりも毒性が低いとされる電池式のデバイスです。電子タバコは、加熱コイル、バッテリー、電子リキッドカートリッジの3つの主要部品で構成されており、電子シガレット、電子ベイピングデバイス、ベイプペンなどとも呼ばれています。これらの部品は、気化したニコチンやフレーバー液の量をユーザーに届けるのに役立ちます。電子タバコは、従来のタバコの害に対する意識の高まりから、特に若年層や青少年の間で人気を集めています。しかし、電子タバコが人体に与える影響については、研究者による評価が行われており、まだ明らかになっていません。

市場の動向及び成長要因

消費者の禁煙に対するニーズと、電子タバコが従来のタバコに代わるより安全な代替品であるという認識から、世界中で電子タバコの需要が増加しています。これに伴い、各メーカーは、異なる強度のニコチンを提供し、ユーザーがカートリッジを再充填できる新世代の電子タバコを発売しています。さらに、大手メーカーは、中小企業や国内ベンダーを買収したり、提携したりしています。例えば、日本たばこ産業(JTI)は、新製品の開発と全世界でのヴェポライザーの商品化を目的として、英国の電子タバコブランド「E-Lites」を買収しました。また、これらのプレイヤーは、進化する消費者の嗜好に対応して、タバコ、フルーツ、ボタニカルなどの豊富なフレーバーを導入しています。さらに、電子タバコの機能を向上させるために、電子タバコのデザインや技術の開発も行っています。

主要な市場区分

世界の電子タバコ市場は、製品、フレーバー、操作方法、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・モジュラー型電子タバコ

・充電式電子タバコ

・次世代型電子タバコ

・使い捨て電子タバコ

次世代型電子タバコは、テクノロジーの大幅な向上とバッテリー寿命の延長を実現しており、現在、市場で最も人気のある製品タイプとなっています。

フレーバー別の市場区分

・タバコ

・ボタニカル

・フルーツ

・スウィート

・飲料

・その他

フレーバー別ではタバコが従来のタバコと同じような味が楽しめるため、消費者に最も好まれているフレーバーです。

操作方法別の市場区分

・自動電子タバコ

・手動電子タバコ

現在、自動電子タバコが市場を席巻しています。自動電子タバコは、実際にタバコを吸っているかのような感覚を味わえるため、喫煙者にとって使いやすい選択肢として登場しました。

流通チャネル別の市場区分

・電子タバコ専門店

・オンライン

・スーパーマーケットおよびハイパーマーケット

・たばこ屋

・その他

現在、電子タバコは電子タバコ専門店を中心に流通しています。客の大半が禁煙経験者であるためです。電子タバコ専門店のスタッフは、客に製品情報を提供する中心的な役割を担っており、多くの店員が禁煙のアドバイスを行っています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・欧州

・北アメリカ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米が世界市場の大部分を占めており、市場をリードしています。

市場の競合状況

世界の電子タバコ市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・Philip Morris International Inc.

・Altria Group Inc.

・British American Tobacco PLC

・Japan Tobacco, Inc.

・Imperial Tobacco Group

・International Vapor Group

・Nicotek LLC

・NJOY Inc.

・Reynolds American Inc.

・Vmr Flavours Llc.

・MCIG Inc.

・ITC Limited

・J WELL France

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]