フレキシブルガラス市場、2027年に21億8,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

フレキシブルガラスの世界市場は、2021年に14億9,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.5%のCAGRで成長し、2027年には21億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

フレキシブルガラスとは、割れずに何度も曲げることができる極薄のガラス基板のことです。高強度、温度安定性、耐久性、剛性、耐スクラッチ性など、硬質ガラスと同様の特性を持っています。ロール状のガラスは、一般的に使用されているフレキシブルガラスの一つで、スマートフォン、照明、デジタルディスプレイなどの家電製品の製造に広く使用されています。また、自動車の窓ガラス、携帯電子機器、ソーラーパネル、建築物の内装などにも使用され、軽量化、美観の向上、全体的な耐久性の向上が図られています。

市場の動向及び成長要因

世界的に家電製品産業が大きく成長していることは、市場の成長を促す重要な要因の一つです。フレキシブルガラスは、優れた弾力性、柔軟性、耐スクラッチ性、美観の向上を目的として、スマートフォン、ラップトップ、曲面モニター、テレビ、タブレットなどのディスプレイ画面に広く使用されています。これに伴い、ゲーム、エンタテインメント、スポーツ、健康・フィットネスなどの用途で、ウェアラブルデバイスやポータブルデバイスを好む消費者が増えており、それが市場の成長を後押ししています。また、自動車やソーラーパネル部品の製造にフレキシブルガラスが広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。さらに、軽量化されたロールオングラスの開発など、さまざまな製品のイノベーションも市場成長を促す要因となっています。製品メーカーは、費用対効果の高いフレキシブルガラスを製造するために、ポリエチレンテレフタレート(PET)などの新しいプラスチックや金属の基板を使用しています。その他の要因としては、ガラス材料のリサイクルを重視する傾向が強まっていることや、大規模な研究開発(R&D)活動などが、市場をさらに押し上げると予想されます。

主要な市場区分

世界のフレキシブルガラス市場は、アプリケーション、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場区分

・ディスプレイ

・センサー

・太陽電池

・その他

最終使用産業別の市場区分

・エレクトロニクス

・自動車

・エネルギー

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界のフレキシブルガラス市場における主要な企業としては、Abrisa Technologies、AGC Inc.、Corning Incorporated、Dupont Displays Inc.、Kent Displays Inc.、LG Display Co. Ltd. (LG Corporation)、LISEC Holding GmbH、 Materion Corporation、 Nippon Electric Glass Co. Ltd.、Schott AG(Carl-Zeiss-Stiftung)、Universal Display Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]