玄武岩繊維市場、2027年に5億6,570万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の玄武岩繊維市場は、2021年に3億80万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は10.7%のCAGRで成長し、2027年には5億6,570万米ドル規模に達すると予想されています。

玄武岩繊維とは、玄武岩や輝石、斜長石、カンラン石などの鉱物の極細繊維を用いて製造される繊維強化ポリマーの一種です。玄武岩繊維は、引抜成形、プリプレグ成形、圧縮/樹脂成形、真空注入などの方法で加工され、連続または個別の玄武岩繊維を得ることができます。これらの繊維は、自動車や航空宇宙用の耐火繊維、パイプやタンク、シリンダーなどのフィラメントワインディング、強化プラスチック、ジオグリッド、トンネル、耐火レンガなどに加工されます。玄武岩繊維は、従来から使用されているガラス繊維に比べて、耐熱性、耐久性、引張強度、耐薬品性、耐紫外線性、低吸湿性、高い接着性などに優れています。

市場の動向及び成長要因

急速な工業化と世界各地でのインフラ整備が、市場の成長を促す主な要因の一つとなっています。発展途上国と新興国の政府は、高い費用対効果と非腐食性を理由に、商業用、住宅用、工業用の建築物に玄武岩繊維を使用しています。また、玄武岩繊維の普及も市場の成長を促しています。玄武岩繊維は、スチールや他の繊維強化材の代替として、軽量の自動車や航空機の部品に広く使用されています。さらに、環境意識の高まりから、リサイクル可能で環境に優しい玄武岩繊維が好まれるようになり、市場の見通しが良くなってきています。加えて、玄武岩繊維強化プラスチック(BFRP)の開発など、さまざまな製品のイノベーションも市場の成長を促す要因となっています。BFRPは、インフラストラクチャーをサポートし、腐食によるダメージを最小限に抑えることができます。その他にも、二酸化炭素排出量を削減するための政府の有利な政策の実施や、広範な研究開発活動などが、市場をさらに押し上げると予想されています。

主要な市場区分

世界の玄武岩繊維市場は、製品、タイプ、形態、方法、最終使用産業、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・鉄筋

・ファブリック

・ロービング

・チョップドストランド

・メッシュとグリッド

・その他

タイプ別の市場区分

・複合材料

・非複合材料

形態別の市場区分

・連続

・離散

方法別の市場区分

・引抜き

・プリプレグ

・コンプレッションモールディング

・ハンドレイアップ

・樹脂成形

・バキュームインフュージョン

・スプレーガン

・フィラメントワインディング

・その他

最終使用産業別の市場区分

・自動車・輸送機器

・建設・インフラ

・電気・電子

・風力エネルギー

・海兵隊

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジアパシフィック

・ヨーロッパ

・ラテンアメリカ

・中近東・アフリカ

市場の競合状況

世界の玄武岩繊維市場における主要な企業としては、ASA.TEC GmbH, Basaltex NV, INCOTELOGY GmbH, Isomatex, Kamenny Vek, Mafic, Shanxi Basalt Fiber Technology Co. Ltd.、sjn AG Suchmaschine der Technik、Sudaglass Fiber Technology、Technobasalt-Invest LLC、Zhejiang Hengdian Imp.&Exp. Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]