茶ポリフェノール市場、2027年に5億9,984万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の茶ポリフェノール市場は、2021年に3億7,800万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.1%のCAGRで成長し、2027年には5億9,984万米ドル規模に達すると予想されています。

茶ポリフェノールは、カテキン、テアフラビン、タンニン、フラボノイドなど、茶葉に自然に含まれるさまざまな化学化合物を指します。これらの化合物は、抗酸化物質が豊富に含まれており、胃の中の細菌の増殖を抑え、冠動脈疾患、糖尿病、神経変性疾患、その他の病気のリスクを最小化するのに役立ちます。紅茶、緑茶、白茶、ウーロン茶など、さまざまな種類のお茶にさまざまな割合で含まれており、飲料の独特の香りと味に大きな影響を与えます。また、肉類、植物、魚類などの加工にも使用されています。

市場の動向

座りっぱなしの生活や不健康な食生活により、世界中で生活習慣病が蔓延しています。しかし、健康志向の高まりとともに、より栄養価の高い食品やお茶などの飲料、活動的なライフスタイルを志向する人が増えています。その結果、紅茶や緑茶など、より健康的な代替品への移行が進み、茶ポリフェノールの需要が増加しています。さらに、レディ・トゥ・ドリンク・ティー、栄養補助食品、機能性食品、機能性飲料におけるポリフェノールの利用が拡大していることも、市場の成長に拍車をかけています。ポリフェノールは、抗炎症作用、抗菌作用、抗腫瘍作用を持ち、代謝改善や体重管理を助けるエピガロカテキンガレート(EGCG)や食物繊維が豊富に含まれています。これに加えて、老化の兆候や肌のくすみ、にきび、ふけ、脱毛を最小限に抑えるパーソナルケア製品や化粧品の製造における茶ポリフェノールの利用が増加しており、市場の成長に大きな影響を及ぼしています。その他、急速な都市化や世界的な老人人口の増加などの要因も、市場成長をさらに加速すると予測されます。

主要な市場区分

茶ポリフェノールの世界市場は、製品タイプ、用途、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・緑茶ポリフェノール

・ウーロン茶ポリフェノール

・紅茶ポリフェノール

・その他

用途別の市場区分

・機能性飲料

・機能性食品

・健康補助食品

・その他

流通チャネル別の市場区分

・量販店

・ダイレクトセールス

・オンラインショップ

・その他

市場の競合状況

茶ポリフェノールの世界市場における主要な企業としては、Ajinomoto OmniChem Natural Specialty、Amax NutraSource Inc.、DSM、DuPont-Danisco、Frutarom Ltd.、FutureCeuticals、HERZA Schokolade GMBH & Co. KG、Indena SpA、Layn Natural Ingredients Corp、Naturex、Seppic、Tianjin Jianfeng Natural Productsなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]