フットウェア市場、2027年に2,882億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のフットウェア市場は、2021年に2,246億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4%のCAGRで成長し、2027年には2,882億米ドル規模に達すると予想されています。

フットウェアは、足に快適さと保護を与えるために着用されます。フットウェアは、木、キャンバス、革、ジュート、プラスチック、ゴムなど、さまざまな素材を使って製造されます。美意識やファッショントレンドの変化に伴い、消費者に最高の快適さを提供するために、フットウェアの品質やスタイルは大幅に進化しています。フットウェアには機械で作られたものと手作業で作られたものがあり、一般的には運動用と非運動用の両方があります。フットウェアは生活必需品ではありますが、時とともに高級感や気品の象徴として進化してきました。

市場の動向及び成長要因

優れた品質のフットウェアに対する需要の増加、製品の革新と高級化は、市場を牽引する重要な要因です。メーカーは、ユニークなデザインの開発に力を入れる一方で、履き心地の良さも重視しています。これにより、ファッション性と快適性を兼ね備えた革新的な製品が登場しています。また、スポーツへの関心の高まりや、ジョギングなどの運動・身体活動への傾倒も、市場の成長にプラスの影響を与えています。ほとんどの消費財分野では、オンライン・マーケティングが実店舗での買い物を凌駕していますが、消費者はフットウェアを購入する際には、実店舗で購入する傾向があります。そのため、組織化された小売店が増加し、消費者とメーカーの関係が改善されています。さらに、メーカーによる積極的なプロモーション活動や、消費者の購買力の向上も市場の成長を促しています。

主要な市場区分

世界のフットウェア市場は、製品、素材、流通チャネル、価格、エンドユーザー、地域に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・運動用

・非運動用

素材別の市場区分

・ゴム

・レザー

・プラスチック

・生地

・その他

流通チャネル別の市場区分

・靴専門店

・スーパーマーケットおよびハイパーマーケット

・デパートメントストア

・衣料品店

・オンライン販売

・その他

価格別の市場区分

・プレミアム価格

・大衆価格

エンドユーザー別の市場区分

・男性

・女性

・子供

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア・パシフィック

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

市場の競合状況

フットウェア市場における主要な企業としては、Nike Incorporation、Adidas AG、PUMA、Geox S.p.A、Skechers USA, Incorporation、Timberland、Crocs Retail, Inc.、Ecco Sko A/S、Wolverine World Wide, Inc.、Under Armour Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]