アセトニトリル市場、2027年に189キロトン規模到達見込み

市場の概要

世界のアセトニトリル市場は、2021年に142キロトンの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.8%のCAGRで成長し、2027年には189キロトン規模に達すると予想されています。

アセトニトリルは、化学式CH3CNで表される有機ニトリルの中で最も単純なものであり、シアノメタン、シアン化メチル、エチルニトリル、メタンカーボニトリルなどとも呼ばれています。無色透明の液体で、甘いエーテル臭があり、医薬品や機能性材料化学品の重要な中間体です。現在、医薬品やHPLCなどの最終用途産業におけるアセトニトリルの需要が市場を牽引しています。

主要な市場区分

アセトニトリル市場は、最終用途産業及び地域に基づいて分類されています。

最終用途産業別の市場区分

世界のアセトニトリル市場における最大のエンドユーザーは医薬品業界で、世界の総消費量の大半を占めています。アセトニトリルは、特定のビタミン、アミノ酸、コルチゾンなどの合成に使用されます。また、インスリンや抗生物質、第三世代セファロスポリン、DNA合成の溶媒としても使用されています。アセトニトリルの第2のエンドユーザーは、HPCL(高速液体クロマトグラフィー)です。アセトニトリルは、UV分光法やポーラログラフィー、リチウム電池、プラスチック素材の鋳造や成形、動植物油からの脂肪酸の抽出、化学実験室での残留化学物質の検出、繊維の紡績などにも溶媒として使用されています。

地域別の市場区分

世界のアセトニトリル市場はアジア太平洋地域が最大の生産国であり、世界総生産量の大半を占めています。次いで北米、欧州となっています。消費面では、中国がアセトニトリルの最大の消費国であり、次いで北米、南米、ヨーロッパ、日本となっています。輸出入動向では、中国がアセトニトリルの世界最大の輸入国であり、世界全体の輸入量の大半を占めています。中国に続いて、アメリカ、ブラジル、インド、イギリス、フランスとなっています。

市場の競合状況

世界のアセトニトリル市場では、INEOSが世界最大の生産者であり、世界総生産量の約3分の1を占めています。その他の主要な企業としては、旭化成株式会社、Formosa Plastic Corporation、Imperial Chemical Corporation、Nova Molecular Technologies, Inc.、Tedia Company, Inc.、Avantor Performance Materials, LLC、Shanghai Secco Petrochemical Company Limited、Qingdao Shida Chemical Co. 南通酢酸化学有限公司、Taekwang Industrial Co.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]