化粧品市場、2027年に5,083億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の化粧品市場は、2021年に3,575億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.95%のCAGRで成長し、2027年には5,083億米ドル規模に達すると予想されています。

化粧品は、皮膚の洗浄、美化、健康増進のために合成化学化合物の混合物を用いて作られる美容製剤です。石鹸、香水、口紅、シャンプー、デオドラント、歯磨き粉、ヘアカラー、皮膚保湿剤、シェービングクリーム、マニキュアなどが含まれます。また、美白、小じわの改善、紫外線防止など、特定の肌の悩みを解決する機能性化粧品も含まれます。現在、皮膚関連の合併症の増加が、世界的な化粧品需要に影響を及ぼしています。

市場の動向

消費者の美意識の向上と、カスタマイズされた化粧品への志向の高まりは、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、ソーシャルメディアの影響力の高まり、急速な都市化、一人当たりの所得の増加により、消費者は新しく、ユニークで、プレミアムな製品を求めるようになっています。これは、急成長する電子商取引とともに、製品ポートフォリオと消費者層を拡大するための有利な機会をメーカーに提供しています。これとは別に、老年人口の大幅な増加や、アンチエイジングに注目が集まっていることも、市場の成長に寄与しています。さらに、ビーガンライフスタイルの普及と、石油由来成分の健康への悪影響に対する懸念の高まりが、ビーガン化粧品の需要を促進しています。ビーガン化粧品は、植物由来のエキスや環境に優しい誘導体を使用したオーガニック美容製品です。これに伴い、複数のブランドが最適な化粧品を求めて皮膚科医と連携しており、市場の成長を後押しすると予想されます。

主要な市場区分

世界の化粧品市場は、製品タイプ、カテゴリー、性別、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・スキンケア&サンケア製品

・ヘアケア製品

・デオドラント・フレグランス

・メイクアップ&カラーコスメティックス

・その他

カテゴリー別の市場区分

・コンベンショナル

・オーガニック

性別の市場区分

・男性

・女性

・ユニセックス

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・専門店

・薬局

・オンラインストア

・その他

市場の競合状況

世界の化粧品市場における主要な企業としては、Amway Corp, Avon Products Inc., Beiersdorf AG, Henkel AG & Co. KGaA, Kao Corporation, L’Oréal S.A., Oriflame Cosmetics AG, Procter & Gamble Company, Revlon Inc. (MacAndrews & Forbes Incorporated), Shiseido Company Limited, Skinfood Co. Ltd., The Estée Lauder Companies Inc., Unilever plcなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]