肝炎診断検査市場、2027年に72億4,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要および動向

世界の肝炎診断検査市場は、2021年に53億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.25%のCAGRで成長し、2027年には72億4,000万米ドル規模に達すると予想されています。

肝炎は、緊急の対応を要する世界的な健康上の大きな脅威となっています。推定によると、肝炎は毎年130万〜150万人の死者を出しており、この数字は結核による死者と同等であり、HIVによる死者よりもさらに高いものです。また、HIV、結核、マラリアなどの疾患による死亡率が減少しているのに対し、肝炎による死亡率は上昇しています。全世界で約3億2,500万人がB型またはC型肝炎ウイルスに感染していると推定され、数十年間無症状のままである可能性があります。さらに、毎年約175万人がC型肝炎ウイルスに感染しています。これらの人々が適時に検査や治療を受けない限り、重篤な肝疾患に罹患し、死に至る危険性があります。診断検査は、肝炎感染の早期発見に役立ち、正しい投薬と治療によって患者の生存の可能性を高めることができます。

肝炎診断薬の需要は現在、世界的に力強い伸びを示しています。この市場は現在、世界中で肝炎罹患者が増加していること、輸血や献血の件数が増加していること、技術の進歩やPoC(Point of Care)検査が提供する利点、大衆の意識の向上など、多くの要因によって活性化されています。この市場における顕著なトレンドは、従来の検査方法から分子診断法への移行です。これにより、精度が向上し、検査結果を得るまでに要する時間が短縮されました。

主要な市場区分

肝炎診断検査の世界市場は、検査タイプおよび地域に基づいて分類されています。 

検査タイプ別の市場区分

・血液検査

・画像検査

・肝生検

検査タイプに基づき、市場は血液検査、画像検査、肝生検に区分されます。現在、血液検査が最大の市場シェアを占めています。血液検査はさらに、肝機能検査、免疫測定、核酸検査に分類されます。現在、肝機能検査が最も大きなシェアを占めています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ヨーロッパ

・中東・アフリカ

・中南米

地域別では、北米、アジア太平洋地域、欧州、中東・アフリカ、中南米に区分されます。このうち、北米は世界市場の大半を占める最大市場です。

市場の競合状況

肝炎診断検査の世界市場における主要な企業としては、Siemens AG、Abbott Laboratories、MedMira Inc.、Qaigen Inc.、Beckman Coulter Inc.(Danaher Corporation)、F. Hoffmann Roche、Diasorin S.p.A、bioMeriuex、Hologic Inc.、Bio-Rad Laboratories Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]