フルーツジュース市場、2027年に1,820億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のフルーツジュース市場は、2021年に1,410億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.31%のCAGRで成長し、2027年には1,820億米ドル規模に達すると予想されています。

フルーツジュースとは、果物を機械的に搾ったり、浸したりして得られる非発酵飲料のことです。例えば、アボカドジュースは体内の自然エネルギーを高め、スイカジュースは水分補給と代謝を促進し、パパイヤジュースは健康的な消化を助け、レモンジュースはウイルス感染を防ぎ、パイナップルジュースはコレステロール値を下げるなど、さまざまな種類のフルーツジュースが健康に役立ちます。このように、フルーツジュースはさわやかな味と保存期間の長さも相まって、世界で最も広く消費されている飲料の一つとなっています。

市場の動向

コーラやフレーバーソーダなどの清涼飲料水は、高糖分、人工着色料、リン酸、人工甘味料、カフェインなど、人体に悪影響を及ぼす可能性があるため、世界的に消費量が減少しています。そのため、多くの消費者が炭酸飲料から天然果汁飲料へとシフトしています。

また、消費者のライフスタイルや食生活の変化に伴い、手頃な価格で健康的かつ手軽な栄養源であるパック入りフルーツジュースの摂取量が増加しており、これが市場の成長を促しています。

消費者層を拡大するために、メーカーはさまざまなフレーバーを導入したり、保存料や砂糖を使用しないフルーツジュースを製造したりしています。これに加えて、食品・飲料業界の成長が、世界のフルーツジュースの需要を押し上げています。

以前は、インフラや貯蔵施設の不足を理由に、新興国での製品販売を躊躇する市場プレーヤーが多く存在していました。しかし、組織化された小売店の店舗数の増加に伴い、数社の市場プレーヤーが新興国市場への投資に前向きになっており、これがフルーツジュース市場の成長を促進すると期待されています。

主要な市場区分

世界のフルーツジュース市場は、製品タイプ、フレーバー、流通チャネルに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・果汁100%ジュース

・ネクター

・ジュース飲料

・濃縮果汁

・パウダージュース

・その他

現在、市場シェアの大半を占めるのはジュース飲料で、最も人気のある製品タイプとなっています。ジュース飲料にはビタミンやフレーバー、抗酸化物質が含まれているため、消費者に好まれています。

フレーバー別の市場区分

・オレンジ

・アップル

・マンゴー

・ミックスフルーツ

・その他

オレンジジュースは、ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれていることから、市場シェアの大半を占めています。

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・専門食料品店

・オンラインショップ

・その他

地域別の市場区分

・ヨーロッパ

・北アメリカ

・アジア太平洋地域

・ラテンアメリカ

・中東およびアフリカ

地域別では、ヨーロッパが世界のフルーツジュース市場で主導的な地位を占めています。この地域の消費者のテンポが速く現代的なライフスタイルと高い所得水準が、外出先で飲むことのできるフルーツジュースの需要増加につながっています。欧州に次いで、北米、アジア太平洋地域、中南米、中東・アフリカの順となっています。

市場の競合状況

世界のフルーツジュース市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。 

・The Coca-Cola Company

・Pepsico, Inc.

・China Huiyuan Juice Group Limited

・WILD Flavors, Inc.

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]