フラックサンド市場、2027年に106億7,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のフラックサンド市場は、2021年に63億2,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.53%のCAGRで成長し、2027年には106億7,000万米ドル規模に達すると予想されています。

フラックサンドとは、純粋な砂岩から加工された天然の結晶性シリカのことです。フラックサンドは、石油・ガス会社が広く採用している水圧破砕法(フラッキング)のプロパントとして使用され、シェール(頁岩)と呼ばれる岩石や土地を加圧した混合物で掘削して天然ガスや石油、関連物質を抽出します。この加圧混合物は、水、フラックサンド、さまざまな化学物質で構成されており、これらを岩層に注入することで亀裂を開き、油、水、ガスなどの流体を放出させます。フラックサンドは、粒子が丸くて小さく均一なので、自然の流体が粒子の間を通ることができます。また、他の砂は様々な鉱物や岩石の混合物であり、石英よりも耐久性が低いため、他の砂よりも優位性があります。

市場の成長要因

フラックサンド市場の成長を牽引しているのは、活発な石油・ガス産業です。世界的に石油・ガス探査活動が増加していることから、フラックサンドの需要も強い伸びを示しています。世界的に急増する石油・ガスの需要に対応するため、石油・ガス業界では水圧破砕の技術が広く採用されています。これに伴い、フラックサンドの需要も増加しています。フラックサンドは、水圧破砕プロセス1回につき約1,000トンが必要とされており、このプロセスに不可欠なものです。さらに、シェールから放出される天然流体の流れを促進する微細なフラックサンドの導入も、市場の成長を促しています。また、レジンコーティングやセラミック製のプロパントと比較した場合の費用対効果の高さなども、その需要に大きく貢献しています。

主要な市場区分

フラックサンド市場は、タイプ別、用途別、地域別に分類されています。

タイプ別の市場区分

・ホワイトサンド

・ブラウンサンド

・その他

用途別の市場区分

・石油開発

・天然ガス開発

・その他

地域別の市場区分

・北アメリカ

・アジア太平洋

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・中南米

市場の競合状況

フラックサンド市場における主要な企業としては、CARBO Ceramics、Emerge Energy Services、Covia Holdings、Hi Crush、Source Energy Services、U.S Silica、Preferred Sands、Badger Mining Corporation、Mammoth Energy Service, Inc.、Smart Sand Inc.、Chongqing Changjiangなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]