食品包装市場、2027年までに4,834億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の食品包装市場は、2021年に3,453億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.85%のCAGRで成長し、2027年には4,834億米ドル規模に達すると予想されています。

食品包装は、味や品質に影響を与えることなく食品を保存し、目的の場所に運ぶために重要な役割を果たします。湿気や毒素から内容物を保護し、食品の漏れや賞味期限の改ざんを防ぎ、形状や品質を保持するのに役立ちます。また、食品包装は、栄養成分、賞味期限、価格、原産地などの情報を伝える手段としても注目されています。また、販売者にとっては、世界中の消費者を惹きつける最新のマーケティング媒体としても機能しています。

市場の動向及び成長要因

消費者の食の好みが急速に変化していることと、世界的に食品小売業が拡大していることが、市場の成長を促す大きな要因の一つです。また、労働人口の急増、可処分所得の増加、多忙なライフスタイルにより、ファーストフードや調理済み製品の消費が増加しています。このような背景から、大手企業は製品の保存性を高めるために研究開発に投資し、抗菌性のある包装材を開発しています。さらに、輸送コストとそれに伴う排出物を削減するために、軽量化ソリューションを導入しています。加えて、環境問題への関心の高まりを受けて、メーカーは生分解性のある素材や、リサイクル、再利用、再生が容易な素材を使用した環境に優しい食品包装を採用しています。

主要な市場区分

包装タイプ別の市場区分

・フレキシブル

・紙および板紙

・硬質プラスチック

・ガラス

・金属

・その他

現在、最も普及しているのはフレキシブル包装で、世界シェアの大半を占めています。

用途別の市場区分

・ベーカリー、菓子、パスタ、麺類

・乳製品

・ソーセージ、ドレッシング、調味料

・スナック、サイドディッシュ

・コンビニエンスフーズ

・肉・魚・鶏肉

・果実・野菜

・その他

これらの中では、ベーカリー、菓子、パスタ、麺類の分野が最大の市場シェアを占めています。

地域別の市場区分

・アジア太平洋地域

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・中近東・アフリカ

・ラテンアメリカ

地域別では、北米は食品加工産業が発達していることから、世界最大の食品包装市場となっています。

市場の競合状況

食品包装市場の競合状況は、価格と品質で競争する多数の中小メーカーの存在によって特徴付けられます。市場に参入している大手企業は以下の通りです。

・Crown Holdings Incorporated

・Owens-Illinois Inc.

・Tetra Pak Ltd.

・American Packaging Corporation

・Ball Corporation

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]