コーン油市場、2027年に82億8,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のコーン油市場は、2021年に52億5,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は7.97%のCAGRで成長し、2027年には82億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

コーン油は、トウモロコシの胚芽から抽出される植物油の一種です。食用と非食用の両方があります。コーン油は、主に多価不飽和脂肪酸で構成されており、飽和脂肪の含有量は少ないです。そのため、市場に出回っている他の食用油に比べて、健康的な代替品と考えられています。生活習慣病の増加と消費者の健康意識の高まりは、コーン油の需要を世界的に押し上げる要因となっています。さらに、バイオ燃料の生産や、石鹸、塗料、繊維、医薬品、家禽、農薬など様々な工業製品の生産にコーン油が使用されていることも、市場の成長を促進しています。

市場の動向及び成長要因

消費者の健康意識の高まりにより、健康に良いとされるコーン油が好まれるようになりました。また、可処分所得の増加により、消費者は製品価格よりも健康を優先するようになりました。 さらに、環境問題への関心の高まり、石油・天然ガス資源の減少、二酸化炭素排出量を削減するためのクリーンな燃料の使用を各国政府が重視していることから、バイオ燃料のような再生可能エネルギーの使用が継続的に増加しています。現在、バイオ燃料の主な原料としては大豆油が使用されていますが、近年ではコーン油の使用も大幅に増加しています。この傾向は、世界のコーン油市場の成長をさらに促進すると予想されます。さらに、コーン油は、食品やバイオディーゼルのほかにも、石鹸、塗料、農薬、繊維製品など、さまざまな産業分野で利用されています。世界的な人口増加と先進国・新興国を問わない経済成長に伴い、これらの最終用途産業も大幅に成長し、コーン油の需要にプラスの影響を与えることが予想されます。

主要な市場区分

世界のコーン油市場は、製品タイプ、アプリケーション、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・食用

・非食用

現在、食用タイプのコーン油が世界市場をリードしています。

アプリケーション別の市場区分

・食品

・バイオ燃料

・工業用

・その他

現在、食品が最大のアプリケーションセグメントとなっています。

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケットとハイパーマーケット

・コンビニエンスストア

・百貨店

・その他

現在、コーン油市場では、スーパーマーケットとハイパーマーケットがトップシェアを占めています。

地域別の市場区分

・北アメリカ

・ヨーロッパ

・アジア太平洋

・中東・アフリカ

・ラテンアメリカ

現在、コーン油の世界市場では、北米が最大のシェアを占めています。

市場の競合状況

世界のコーン油市場における主要な企業としては、Archer Daniels Midland Company (ADM), ACH Food Companies, Cargill, Abu Dhabi Vegetable Oil Company (ADVOC), Elburg Global, ConAgra, Savola Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]