外食産業用パスタ市場、2027年に59億2,280万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の外食産業用パスタ市場は、2021年に46億5,030万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は3.4%のCAGRで成長し、2027年には59億2,280万米ドル規模に達すると予想されています。

パスタは、イタリア料理の一種で、主に生地、植物油、卵、水などを使って調理されるものを指します。生地は、一般的にスパゲッティ、ペンネ、マカロニ、フェットチーネなどと呼ばれる様々な形状に練り上げられます。外食産業用パスタは、すぐに食べられるように、または持ち帰りや宅配用に準備されたパスタの販売が含まれます。これらのパスタは、フルサービスレストラン、社交・商業ケータリング、クイックサービスレストラン、カフェなどで広く利用されています。一般的な外食産業用パスタの種類には、乾燥パスタ、生パスタ、冷凍パスタなどがあります。

市場の動向

テイクアウトやホームデリバリーの増加傾向とともに外食産業が拡大していることは、外食産業用パスタの需要拡大の主な要因の一つです。また、働く女性の増加、多忙な消費者のライフスタイル、食生活の変化なども、外食産業の成長を後押ししています。これに伴い、手間がかからず、栄養価が高く、衛生的で、すぐに手に入る食品に対する消費者の志向が高まり、外食産業用パスタの需要は拡大しています。さらに、レストラン、パブ、カフェなど、カジュアルな食事や社交の場として人気を集めている外食店の数が増加していることも、市場の成長要因として作用しています。また、これらの外食施設は、消費者の好み、予算、食生活の嗜好に応じて食事をカスタマイズできるよう、幅広い選択肢を顧客に提供しています。さらに、本格的なパスタ料理を提供する専門的なフードサービス店の台頭が、世界市場にプラスの影響を及ぼしています。これに加えて、ドアステップフードデリバリーのためのいくつかの実店舗のフードチェーンによるオンラインチャネルの増加傾向はまた、外食産業用パスタの需要増加につながっています。さらに、多くの外食レストランは、食品が現場で調理され、必要な時まで冷凍保存される調理済みシステム、および調理済み食品の仕入れ、保管、調理、消費者への提供という組み立てサーブシステムにシフトしています。さらに、オーガニック、ビーガン、グルテンフリー、低カロリーなど、様々なタイプのヘルシーなパスタが外食産業全体に登場しており、今後数年間で世界市場を牽引すると予想されます。

主要な市場区分

世界の外食産業用パスタ市場は、製品タイプ、外食チャネルに基づいて分類されています。

製品タイプ別の市場区分

・乾燥パスタ

・生パスタ

・冷凍パスタ

・充填パスタ

・シンプルパスタ

・レディミールパスタ

外食チャネル別の市場区分

・フルサービスレストラン

・ホテル・レジャー

・ソーシャル&コマーシャルケータリング

・クイックサービスレストラン

・トラベルケータリング

・キャッシュ&キャリー

・バー&カフェ

・その他

市場の競合状況

世界の外食産業用パスタ市場における主要な企業としては、Ajinomoto Co. Inc., Altoni Pasta, Armanino Foods of Distinction, Inc., Barilla G. E R. Fratelli Spa, Dakota Growers Pasta Company, Inc., Ebro Foods, S.A., F.lli De Cecco di Filippo SpA, M. Dias Branco, MAKFA, Nestle, Pasta Foods, Pierino Frozen Foods, TreeHouse Foods Inc.など挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]