ビール市場、2027年に7,503億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のビール市場は、2021年に6,402億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は2.7%のCAGRで成長し、2027年には7,503億米ドル規模に達すると予想されています。

ビールは、麦芽、水、酵母から製造される発酵アルコール飲料であり、苦味を加えるためにホップで味付けされています。適度な飲用は、心臓の健康増進、血糖値のコントロール、骨と筋肉の強化、認知症、がん、心臓発作の発症リスクの最小化など、いくつかの健康上の利点をもたらします。抗酸化物質が豊富に含まれているため、コレステロール値の維持、記憶力の向上、腎臓結石の予防に役立ちます。ビールは、特別な日やイベント、パーティーなどで広く飲まれており、レストラン、ホテル、地ビールメーカー、パブ、バー、カフェなどで提供されています。現在、メーカーは保存期間を延ばし、保存されたビールの味、香り、色、質感を保つためにケガーレーターを使用しています。

市場の動向

特にミレニアル世代や社会人、若年層における社交やパーティーの傾向から、高級アルコール飲料への志向が高まっていることが、世界のビール市場の主な成長要因の一つとなっています。また、蒸留所でのカクテルの材料としてビールが使用されていることも、市場の成長に寄与しています。さらに、カスタマイズされたボトルでビールを贈るという新たなトレンドも、市場の成長に寄与しています。これとは別に、主要企業は、eコマースチャネルを通じて、ボタニカルやフルーツといった新しいタイプのフレーバービールを導入しています。これは、膨大なカタログと迅速な出荷設備で簡単に製品を入手できるため、オンライン流通チャネルを通じたビールの購入が増加していることと相まって、市場成長を推進しています。さらに、製品メーカーによるソーシャルメディア・プラットフォームでの大規模なプロモーション活動や著名人による推薦が、予測期間におけるビールの売上にプラスの影響を与えると予想されます。

主要な市場区分

世界のビール市場は、製品タイプ、パッケージ、生産量、アルコール度数、フレーバー、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。 

製品タイプ別の市場区分

・スタンダードラガー

・プレミアムラガー

・スペシャルティビール

・その他

スタンダードラガーは、他のタイプに比べ低カロリーであるため、市場を支配しています。

パッケージ別の市場区分

・ガラス

・ペットボトル

・金属缶

・その他

ガラスは、ビールのパッケージとして最も一般的に使用されている素材であり、最大のシェアを占めています。

生産量別の市場区分

・マクロブルワリー

・マイクロブルワリー

・その他

現在では、大量生産・大量流通が可能なマクロブルワリーが圧倒的なシェアを占めています。

アルコール度数別の市場区分

・高アルコール

・低アルコール

・ノンアルコール

現在、高アルコールビールが市場を席巻していますが、これは味や原料の品質が優れているためと考えられます。

フレーバー別の市場区分

・フレーバー

・ノンフレーバー

現在、フレーバービールは様々な味を楽しめることから、市場をリードしています。

流通チャネル別の市場区分

・スーパーマーケット、ハイパーマーケット

・オン・トレード

・専門店

・コンビニエンスストア

・その他

ビールの大半はスーパーマーケットやハイパーマーケットで販売されており、その理由は提供される製品のバリエーションが豊富なためです。

地域別の市場区分

・アジア太平洋

・北アメリカ

・欧州

・中近東・アフリカ

・中南米

アジア太平洋地域は、社交や仕事上のパーティーなどの新しいトレンドにより、市場シェアの大部分を占めています。

市場の競合状況

世界のビール市場における主要な企業としては、Asahi Group Holdings, Ltd., ANHEUSER-BUSCH INBEV SA/NV, Beijing Yanjing Beer Group Corporation, Carlsberg Group, Diageo plc, Dogfish Head Craft Brewery Inc., HEINEKEN N.Vなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]