Eコマース市場、2027年に55兆6,000億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のEコマース市場は、2021年に13兆米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は27.4%のCAGRで成長し、2027年には55兆6,000億米ドル規模に達すると予想されています。

Eコマース(電子商取引)は、インターネットを通じて電子的に行われる商取引を指します。消費者向け製品の売買、マーケットプレイスのサービス、カスタマーサポートのほか、オンラインオークション、決済ゲートウェイ、オンラインチケット販売、インターネットバンキングなどの活動も含まれます。Eコマースは通常、企業間取引(B2B)、企業対消費者(B2C)、消費者対企業(C2B)、消費者間取引(C2C)など、数多くのビジネスモデルに基づいて分類されています。売り手にとっては、グローバルな展開、最小限の取引コスト、高い利益率、関係者間の直接的なコミュニケーション、商品・サービスの迅速な提供など、さまざまなメリットがあります。

市場の動向

世界的な都市化の進展は、市場の成長を促進する重要な要因の一つです。また、インターネットの普及率が高まり、スマートフォンやラップトップ、タブレットなどのデバイスを使用してEコマースサイトにアクセスできるようになったことも、市場の成長に拍車をかけています。Eコマースにより、企業は物理的な拠点を持たずにビジネスを行うことができるため、インフラや通信、諸経費を最小限に抑えることができます。また、特に女性の間でオンラインショッピングを好む傾向が強まっていることや、ソーシャルネットワーキングプラットフォームがショッピングの習慣に与える影響の増大も、市場の成長を後押ししています。オンラインショップは、消費者に手間のかからないショッピング体験を提供する一方で、手頃な価格帯で幅広い商品から選択できるようディスプレイしています。さらに、プライベートブランドや消費者直結型のビジネスモデルの登場も、市場に明るい展望をもたらしています。これにより、企業は消費者データを収集・活用し、消費者にパーソナライズされた製品や体験を提供することができます。コロナウイルス(COVID-19)の蔓延は、各国政府によるロックダウンやソーシャルディスタンス措置により、消費者が生活必需品の注文をオンラインプラットフォームにシフトしていることから、Eコマースをさらに後押しするものとなっています。

主要な市場区分

世界のEコマース市場は、タイプおよびトランザクションに基づいて分類されています。 

タイプ別の市場区分

・家庭用電化製品

・アパレル、フットウェア、アクセサリー

・書籍

・化粧品

・食料品

・その他

トランザクション別の市場区分

・企業対消費者取引(B to C)

・企業間取引(B to B)

・消費者間取引(C to C)

・その他

市場の競合状況

世界のEコマース市場における主要な企業としては、Alibaba Group Holding Limited, Amazon.com Inc., Apple Inc., B2W Companhia Digital (Lojas Americanas S/A), Ebay Inc., Groupon Inc., Rakuten, Walmart Inc., Zalando SEなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]