銀ナノ粒子市場、2027年に52億9,110万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の銀ナノ粒子市場は、2021年に20億5,210万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は16.50%のCAGRで成長し、2027年には52億9,110万米ドル規模に達すると予想されています。

銀ナノ粒子(AgNPs)または銀ナノパウダーは、100 nm~1 nmの大きさの球状の高表面積金属を指します。この粒子の生物学的活性は、そのサイズ、化学的性質、形状コーティング、粒子形態、およびイオン放出効率に依存します。銀ナノ粒子の合成技術には、物理的合成法、化学的合成法、および生物学的合成法があります。物理的合成法には、蒸発濃縮、電気照射、ガンマ線照射、レーザーアブレーションなどがあり、化学的合成法には、紫外線照射による光還元、マイクロエマルジョン、光誘導還元などがあります。生物学的合成法では、バクテリア、菌類、乳酸菌が利用されます。

市場の動向

銀ナノ粒子は、エネルギー消費量が少ないことから、医薬品、ヘルスケア、情報技術、化粧品、製薬分野など、さまざまな産業分野で広く採用されており、銀ナノ粒子市場を成長へ導く重要な要因の一つとなっています。これに伴い、銀ナノ粒子の光学、熱、化学特性による太陽光発電(PV)、生物・化学センサーの利用が増加し、抗菌コーティング、キーボード、繊維、創傷被覆材などの幅広い用途に利用されていることも、市場の成長を促す要因として作用しています。さらに、エネルギー効率の高い発光ダイオード(LED)、有機発光ダイオード(OLED)タッチスクリーン、太陽光発電システムなどの需要の高まりも、市場の成長に寄与しています。臭気や感染症の原因となるバクテリアを抑制するための非仕上げ繊維の普及が進んでいることが、市場の成長をさらに後押ししています。その他、消費者や主要企業の環境意識による生物学的銀ナノ粒子合成の実施、インクや空気・水の浄化、特に食品・飲料(F&B)分野でのバリア性・機械性・抗菌性の向上による食品の品質確保に伴うナノ粒子の使用促進とともに、高度な電子機器の普及の拡大などが、市場に明るい展望を生み出しています。

主要な市場区分

世界の銀ナノ粒子市場では、合成方法、形状、最終用途産業に基づいて分類されています。

合成方法別の市場区分

・ウェットケミストリー

・イオン注入

・バイオ

形状別の市場区分

・球体

・板状

・棒状

・コロイダル銀粒子

・その他

最終用途産業別の市場区分

・エレクトロニクス・IT

・ヘルスケア・ライフサイエンス

・テキスタイル

・食品・飲料

・製薬

・化粧品

・水処理

・その他

市場の競合状況

世界の銀ナノ粒子市場における主要な企業としては、Advanced Nano Products Co Ltd, American Elements, Ames Goldsmith Corporation, Cerion LLC, Meliorum Technologies Inc., Merck KGaA, nanoComposix (Fortis Life Sciences LLC), Nanocs Inc., Nanoshel LLC, Strem Chemicals Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]