臨床試験管理システム市場、2027年に18億4,040万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の臨床試験管理システム市場は、2021年に9億2,740万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.50%のCAGRで成長し、2027年には18億4,040万米ドル規模に達すると予想されています。

臨床試験管理システム(CTMS)とは、医学研究調査における臨床試験を効果的に計画、追跡、管理するために使用される一連のツールを指します。CTMSには、開始時のタイムライン、プロトコル情報および発生データの監視と報告、財務管理と請求書のコンプライアンス、レポートとビジネス分析が含まれます。また、試験カレンダーの共有、請求書発行や被験者訪問の追跡を含む標準化された請求処理も含まれます。その結果、世界中の医学研究者がCTMSを利用して、試験管理の重要なコンポーネントを透明かつ統一的に利用し、患者データの転送を促進しています。

市場の動向

バイオテクノロジー、製薬、その他の研究に特化したライフサイエンス機関では、さまざまな慢性疾患の治療に役立つ新薬やデバイスを開発するために複雑な臨床試験を実施しています。近年、研究開発費の高騰、膨大なデータの生成、先端技術の導入などにより、これらの臨床試験はより複雑になっています。その結果、複雑な臨床研究をリアルタイムでサポートするウェブベースの集中型エンタープライズ・リソースとして、CTMSの需要が高まっています。これとは別に、コロナウイルス(COVID-19)の発生は、重篤な患者の治療に極めて重要な役割を果たす医療製品の臨床試験を実施するためのクラウドベースCTMSのニーズにプラスの影響を及ぼしています。また、新たな感染症や慢性疾患の蔓延により、高度な診断・創薬ツールの導入が進んでおり、これも市場成長を促す要因となっています。さらに、高齢化社会の進展と再生医療や個別化医療への志向の高まりが、市場の成長に寄与しています。このほか、市場参加者は、生産性、試験の調整、データ品質の向上を目的とした自動化CTMSソリューションの開発に取り組んでおり、これが市場に明るい展望をもたらすと予想されます。

主要な市場区分

世界の臨床試験管理システム市場は、コンポーネント、導入形態、エンドユーザーに基づいて分類されています。 

コンポーネント別の市場区分

・ソフトウェア

・サービス

導入形態別の市場区分

・ウェブベース

・オンプレミス

・クラウド型

エンドユーザー別の市場区分

製薬・バイオテクノロジー企業

受託研究機関

その他

市場の競合状況

世界の臨床試験管理システム市場における主要な企業としては、Advarra Inc., ArisGlobal LLC, BioClinica Inc., DataTrak International Inc., DZS Clinical Services Inc. (WDB Holdings Co. Ltd.), International Business Machines Corporation, Medidata Solutions Inc. (Dassault Systèmes SE), MedNet Solutions Inc., Oracle Corporation, Parexel International Corporation, RealTime Software Solutions LLC, Veeva Systems Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]