スマートマテリアル市場、2027年に924億8,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のスマートマテリアル市場は、2021年に473億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.20%のCAGRで成長し、2027年には924億8,000万米ドル規模に達すると予想されています。

スマートマテリアルは、外部制御可能な印加磁場下で標準的な材料の機械的・物理的特性を変化させることで製造されます。これらの材料は現在、カーボンナノチューブやグラフェンから無機ナノ粒子や導電性ポリマーまで、多機能なバリエーションで提供されています。これらの材料は、選択性、直接性、即時性、過渡性、自己作動性などの点で従来の材料より優れています。さらに、電気刺激によって磁場や電場、応力、音響、温度、核放射線、化学的挙動を変化させることができるため、スマートマテリアルは世界中のさまざまな最終用途産業で絶大な支持を得ています。

市場の動向

いくつかの産業で化学製品の使用が増加しており、職場の安全や危険な状況から身を守ることについて従業員の意識が高まっていることが、防護服におけるスマートマテリアルの採用を促進する主要因の一つとなっています。これとは別に、癌の標的化、制御薬物送達、組織工学、バイオセンサーなど、多数の生物医学的用途における効果的、局所的、必要性に基づいたシステムの需要の高まりが、市場の成長を推進しています。これは、慢性疾患や外傷の発生率が上昇していることと、再生医療や個別化治療のニーズが高まっていることにも起因しています。さらに、エネルギー効率の高い建築材料に対する需要が高まっているため、スマートマテリアルは従来の建築材料と組み合わせて、風、熱、雨などの大気条件に適応する構造を構築しています。このほか、バクテリアセルロース、キトサン、ゼラチン、デンプン、ポリ乳酸、ポリグリコール酸などのバイオポリマーを用いたスマートマテリアルを開発するための研究開発活動への投資が増加しており、市場の見通しを明るくしています。さらに、これらの材料は生体適合性、生分解性、幅広い化学修飾が可能であるため、人工筋肉、生体模倣ロボット、再構成可能なレンズシステムの形成において、世界中でその用途が拡大すると予想されています。

主要な市場区分

世界のスマートマテリアル市場は、製品、用途、最終用途産業に基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・圧電材料

・形状記憶材料

・電歪材料

・磁歪材料

・相変化材料

・エレクトロクロミック材料

・その他

用途別の市場区分

・トランスデューサ

・アクチュエータ・モータ

・センサー

・構造材料

・その他

最終用途産業別の市場区分

・自動車

・家庭用電化製品

・航空宇宙・防衛

・ヘルスケア

・産業分野

・その他

市場の競合状況

世界のスマートマテリアル市場における主要な企業としては、APC International Ltd, Arkema S.A, Confluent Medical Technologies, CTS Corporation, Gentex Corporation, Johnson Matthey, Kyocera Corporation, Meggitt PLC, Murata Manufacturing Co. Ltd, Piezo Kinetics Inc. (The Crest Group Incorporated), SAGE Electrochromics Inc. (Saint-Gobain S.A.), Solvay S.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]