クラウドキッチン市場、2027年に1,125億3,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のクラウドキッチン市場は、2021年に567億1,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は11.50%のCAGRで成長し、2027年には1,125億3,000万米ドル規模に達すると予想されています。

クラウドキッチンは、配送に最適化されたメニューや屋外で消費される食品を調理するために使用される集中型の仮想商業スペースです。クラウドキッチンを利用することで、フードビジネスは、物理的な飲食スペースと莫大な資本投資を必要とする従来の実店舗と比較して、最小限のコストでデリバリーやテイクアウトサービスの最適化と拡張を行うことができるようになります。さらに、マーケティングに注力し、管理上の手間や物流を最小限に抑え、より多くの人々にリーチすることも可能になります。その結果、地元のレストランやファーストフードチェーンの新たなフードデリバリーのニーズに対応する理想的なビジネスソリューションとして、世界中で支持を集めています。

市場の動向

コロナウイルス(COVID-19)パンデミックにより、多くの国の政府がレストランやその他の商業用飲食施設での飲食サービスを制限しています。そのため、デリバリーに最適化されたレストラン、給食会社、ケータリング会社、パッケージ食品メーカーなどの食品事業者は、ビジネスの継続性を維持し、コストを抑えて料理を提供するために、世界中でクラウドキッチンにシフトしています。また、多忙な勤務体系を理由にオンラインフードデリバリーサービスの人気が高まっていることや、手頃な価格で便利かつ迅速なフードサービスの需要が高まっていることも、市場の成長を促進しています。この背景には、スマートフォンの普及、高速インターネットへのアクセス、膨大なカタログの存在があります。さらに、従来の飲食ビジネスモデルは初期投資コストが高く、遵守しなければならない規制が多いため、そのようなコストを削減し、デリバリー体験を最適化することができるクラウドキッチンの需要が拡大しています。加えて、市場参加企業は、POS、キッチンディスプレイ、在庫管理技術をシームレスに統合した包括的なプラットフォームを提供しており、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界のクラウドキッチン市場は、タイプ、製品タイプ、性質に基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・独立型クラウドキッチン

・コミッサリー/シェアードキッチン

・キッチンポッド

製品タイプ別の市場区分

・ハンバーガー・サンドイッチ

・ピザ・パスタ

・チキン

・シーフード

・メキシカン&アジアンフード

・その他

性質別の市場区分

・フランチャイズ

・スタンドアロン

市場の競合状況

世界のクラウドキッチン市場における主要な企業としては、CloudKitchens、DoorDash Inc.、Kitchen United、Kitopi、Lightspeed Commerce Inc.、PAR Technology Corporation、POSist Technologies Pvt.Ltd., Rebel Foods, Starbucks Coffee Company, Swiggy、Toast Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]