エレベーター近代化市場、2027年に115億9,000万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のエレベーター近代化市場は、2021年に81億3,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.60%のCAGRで成長し、2027年には115億9,000万米ドル規模に達すると予想されています。

エレベーターの近代化は、リフトの近代化としても知られ、エレベーターの重要な部分をアップグレードするプロセスを指します。このプロセスでは通常、コントローラー機器、モーター、巻上機、ボタン、電気配線を近代化します。これは、機器の全体的な安全性、性能、および美観を向上させます。また、エネルギーコストを削減し、電磁波ノイズを最小限に抑えながら、エレベーターの運転効率と信頼性を向上させることができます。近年、エレベーターの近代化は、故障、移動速度の低下、頻繁なメンテナンスなどの問題を解消するのに役立つため、住宅、商業、工業の各分野で支持を集めています。

市場の動向

エレベーターの近代化は、既存のエレベーターの寿命を延ばし、乗客の安全性と快適性を向上させます。このため、建物内の効率的な移動システムに対するニーズが高まっており、これが市場成長の主な要因となっています。このほか、高層ビルにおけるエレベーターの安全性に対する懸念の高まりや、労働人口の増加が、エレベーターの近代化に対する需要を増大させています。また、各国の政府は、都市インフラの老朽化による建物の改築のための有利なイニシアチブを取っています。さらに、病院、ショッピングモール、空港などの商業施設への投資が増加していることも、市場の成長を後押ししています。加えて、エレベーターの商用利用が増加していることから、メーカー各社は、より高速でエネルギー効率に優れ、コンパクトで技術的に高度な製品の開発を進めています。その他、近代的な設備に対する需要の高まり、急速な都市化と工業化、生活水準の向上、消費者支出の増加なども、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界のエレベーター近代化市場は、エレベータータイプ、近代化タイプ、コンポーネント、エンドユーザーに基づいて分類されています。 

エレベータータイプ別の市場区分

・トラクションエレベーター

・油圧式エレベーター

近代化タイプ別の市場区分

・部分的近代化

・完全近代化

コンポーネント別の市場区分

・コントローラー

・ドア機器

・キャビンエンクロージャー

・信号機

・電源ユニット

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・住宅用

・商業用

・産業用

市場の競合状況

世界のエレベーター近代化市場における主要な企業としては、Champion Elevator Corporation, Fujitec Co. Ltd, Hitachi Ltd, Hyundai Elevator Co. Ltd., Kone Oyj, Liberty Elevator Corporation, Mid-American Elevator, Mitsubishi Electric Corporation, Olympia Elevators Pvt. Ltd., Pincus Elevator Company Inc., Schindler Group, Stanley Elevator Company Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]