皮革用化学品市場、2027年までに118億9千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の皮革用化学品市場は、2021年に81億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は6.20%のCAGRで成長し、2027年までに118億9,000万米ドル規模に達すると予測されています。

皮革用化学品は、皮革生産のさまざまな段階において、なめし、染色、仕上げに使用されるさまざまな特殊化学品を指します。一般的に使用される皮革用化学品には、植物タンニン、ミネラル塩、動物油、界面活性剤、脱脂剤、ギ酸、アルデヒド、硫酸クロム、殺生物剤、塩、樹脂および染料が含まれます。これらは、皮革に色、風合い、柔らかさ、丈夫さ、耐水性、膨らみなどの特性を付与するために利用されます。その結果、皮革用化学品は、動物の原皮を最終製品に加工する際に役立つため、皮革産業で広く利用されています。

市場の動向

皮革用化学品は、レザーの接着性、耐カビ性、滑らかさを向上させ、微生物による劣化を防止します。このため、ポリマー、シンタン、ファトリクサー、染色助剤などの皮革用化学品の利用は、フットウェアやテキスタイル産業全体で増加しており、これは市場成長の主な要因の一つとなっています。また、ファッショントレンドの変化や、高級レザーフットウェアや衣料品への消費者の好みの変化が、製品需要を増大させています。さらに、自動車の内装やインテリアを製造するために自動車分野で革が広く採用されていることも、市場の成長を後押ししています。これに加えて、主要メーカーは、合成化学物質の有害な環境への影響に関する意識の高まりから、バイオベースのグリーン皮革用化学品の開発に注力しており、その結果、製品の導入率が増加しています。さらに、特に若い人々の間で製品の美しさに対する志向が高まり、財布、バッグ、アパレル、家庭用家具、その他のアクセサリーなど、高品質の高級レザーアイテムの需要が増加しています。これは、原材料の入手が容易であることと相まって、市場成長の起爆剤となっています。その他、高級車の販売急増、消費者の可処分所得の増加、急速な都市化、ライフスタイルの向上、研究開発(R&D)活動の継続などが、市場の明るい見通しを生み出しています。

主要な市場区分

皮革用化学品の世界市場は、化学品、製品、エンドユーザーに基づいて分類されています。

化学品別の市場区分

・なめし・染色用化学品

・ビームハウス用化学品

・仕上げ用化学品

製品別の市場区分 

・殺生物剤

・界面活性剤

・硫酸クロム

・ポリウレタン樹脂

・重炭酸ソーダ

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・フットウェア

・家具

・自動車

・テキスタイル

・その他

市場の競合状況

世界の皮革用化学品市場における主要な企業としては、Abhilash Chemicals and Pharmaceuticals Pvt Ltd、BASF SE、DuPont de Nemours Inc、DyStar Singapore Pte Ltd(Zhejiang Longsheng Group、Kiri Industries Limited(KIL))、Eastman Chemical Company、Indofil Industries Limited、Lanxess AG、Pidilite Industries Limited、Scil + Seilacher GmbH、Stahl Holdings B.V., TFL Ledertechnik GmbH, Zschimmer & Schwarz Chemie GmbHなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]