ハードウェアウォレット市場、2027年に11億4,350万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のハードウェアウォレット市場は、2021年に2億5,160万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は27.20%のCAGRで成長し、2027年には11億4,350万米ドルの規模に達すると予測されています。

ハードウェアウォレットは、暗号資産を購入・取引するための秘密鍵へのアクセスをユーザーに提供する高セキュリティな暗号通貨ウォレットです。ソフトウェアウォレットと比較すると、ハードウェアウォレットはピンをハッカーから保護するコールドストレージとして機能します。一方、ソフトウェアウォレットは、秘密鍵をデジタルで保護するスマートフォンのアプリケーションを抽出するものとして識別することができます。ハードウェアアプリは、Ledger、Keep Key、Pro key、Trezorで構成されています。

市場の動向

様々な分野でのデジタル化の進展や、ビットコイン、イーサリアム、カルダノなどの仮想通貨の購入・販売・取引の合法化・承認が、主に市場の成長を促進する主な要因となっています。これに伴い、市場参加者は暗号通貨交換を簡素化するためのハードウェアウォレットアプリを発表しています。さらに、ハッキングやその他の不正行為のリスクを最小限に抑え、透明性を確保するためのブロックチェーンと分散型台帳技術の統合も、市場成長を促す要因の一つです。これに伴い、サイバー犯罪の蔓延や電子商取引プラットフォームの利用拡大、データの脆弱性が着実に増加していることも、市場の成長を促しています。加えて、市場資本に対する需要の高まりや、ビットコインライトやビットコインキャッシュの登場も、市場の成長を後押ししています。さらに、直接制御、長期保存、セキュリティのために無線ハードウェアウォレットが広く採用されていることも、市場成長に寄与しています。また、ワイヤレスデータ転送のための近距離無線通信(NFC)の利用が増加していることも、市場成長を加速しています。その他、特に発展途上地域において、デジタル決済やキャッシュレス決済のトレンドが台頭していることも、市場成長の推進力となっています。

主要な市場区分

世界のハードウェアウォレット市場は、タイプ、接続タイプ、流通チャネル、エンドユーザーに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・ホットウォレット

・コールドウォレット

接続タイプ別の市場区分

・近距離無線通信(NFC)

・ブルートゥース

・USB

流通チャネル別の市場区分

・オンライン

・オフライン

エンドユーザー別の市場区分

・業務用

・個人用

市場の競合状況

世界のハードウェアウォレット市場における主要な企業としては、Archos、BitLox Limited、Coinkite Inc.、CoolBitX、ELLIPAL Limited、Ledger SAS、OPOLO SARL、Penta Security Systems Inc.、SatoshiLabs s.r.o., ShapeShift, Shift Crypto AG, Sugi (Sofitto NV) などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]