貿易監視システム市場、2027年に2兆4,122万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の貿易監視システム市場は、2021年に8億9,350万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は17.30%のCAGRで成長し、2027年には2兆4,122万米ドルの規模に達すると予測されています。

貿易監視システムは、潜在的な市場の乱用や他の種類の金融犯罪を監視・検出するために使用される高度なソフトウェアソリューションを指します。取引データを収集・分析し、詐欺、行動パターン、市場操作、違法開示、マネーロンダリング、インサイダー取引、不適切な投資など、違法または非倫理的な取引慣行を特定するために使用されます。また、政府の規制を遵守し、企業の利益を守るために、違法、操作的、または不正な取引慣行を効率的に防止および調査することを支援します。その結果、取引監視システムは、取引所企業、情報技術(IT)サービスプロバイダ、政府規制当局、コンサルティング会社、その他の金融機関によって広く利用されています。

市場の動向

世界中で不正取引、市場操作、詐欺の事例が増加していることが、市場成長の主な要因となっています。また、金融機関における取引前後のモニタリングの必要性が高まっていることも、取引監視システムの需要を高めています。また、自動取引やアルゴリズム取引への移行が進んでおり、取引操作や違反、不正のリスクが高まっています。このことは、規制遵守の必要性の高まりと相まって、市場の成長を後押ししています。さらに、大手企業は競争力を高めるために、人工知能(AI)、自然言語処理(NLP)、機械学習(ML)などの革新的な技術を統合した高度な製品バリエーションの開発に多額の投資を行っています。例えば、監視やリスク検知の機能を強化したソリューション、最新のクラウドアーキテクチャ、より強力なAIやNLPのアプリケーションを導入しています。その他、急速なデジタル化、クラウドベースの取引活動の増加、技術の進歩、セキュリティへの懸念の高まりなどが、市場の見通しを明るくしています。

主要な市場区分

世界の貿易監視システム市場は、コンポーネント、導入形態、企業規模、エンドユーザーに基づいて分類されています。

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

企業規模別の市場区分

・大企業

・中小企業

エンドユーザー別の市場区分

・銀行

・機関投資家向け証券会社

・リテールブローカー

・マーケットセンターと規制機関

・その他

市場の競合状況

世界の貿易監視システム市場における主要な企業としては、ACA Group、Accenture plc、Aquis Exchange PLC、b-next、Cognizant、CRISIL Limited (S&P Global Inc.)、FIS、International Business Machines Corporation、Nasdaq Inc.、NICE Ltd、OneMarketData LLC、SIA S.p.A.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]