乳房インプラント市場、2027年までに33億5千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の乳房インプラント市場は、2021年に24億8,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.60%のCAGRで成長し、2027年までに33億5,000万米ドル規模に達すると予測されています。

乳房インプラントは、シリコーンゲルと生理食塩水のブレンドを詰め込まれているシリコンの外殻から処方されているプロテーゼ装置を指します。このプロセスは、組織を交換および削除することにより、乳房のサイズ、形状、および輪郭を強化し、変更するための美容整形手術で広く展開されています。乳房インプラントの手術は、麻酔、切開、挿入、配置、および乳房組織内の層状縫合糸または外科用テープによる装置の閉鎖を含みます。現在、乳房インプラントは、生理食塩水、シリコン、ストラクチャード、グミベア、ラウンド、テクスチャー、スムース乳房インプラントなど、さまざまなタイプで市販されています。

市場の動向

乳房インプラントと美容外科の需要の増加は、美的魅力を維持したいという消費者の意識の向上とともに、世界の乳房インプラント市場の成長に影響を与える重要な要因の一つです。また、乳がんの有病率の上昇は、これらのインプラントが患者の乳房再建術に採用されているため、市場の成長を後押ししています。さらに、自然な乳房組織に似せるための技術的に高度なヒアルロン酸フィラーや安定したシリコーンゲル乳房インプラントの導入は、市場の成長に貢献しています。これに伴い、複合型バストの普及も市場の成長を促す要因となっています。さらに、手術後の合併症や関連するリスクについて、ターゲットユーザーを感作するために、様々なブランドの継続的な製品の発売やコラボレーションは、乳房インプラント市場の成長を推進しています。また、さまざまな組織が、3D印刷技術を使用して高度な乳房インプラントを開発するためのパートナーシップ契約を結んでいます。急速な技術の進歩など、その他の要因も市場に明るい展望を生み出しています。

主要な市場区分

世界の乳房インプラント市場は、製品、形状、用途、エンドユーザーに基づいて分類されています。

製品別の市場区分

・シリコン製乳房インプラント

・生理食塩水乳房インプラント

形状別の市場区分

・ラウンド

・アナトミカル

用途別の市場区分

・美容整形外科

・再建手術

エンドユーザー別の市場区分

・病院

・美容クリニック

・外来手術センター

市場の競合状況

世界の乳房インプラント市場における主要な企業としては、Allergan plc、CEREPLAS、Establishment Labs SA、Global Consolidated Aesthetics Limited、Groupe Sebbin SAS、HansBiomed Co. Ltd., Ideal Implant Inc., Laboratoires Arion, Mentor Worldwide LLC (Johnson & Johnson), POLYTECH Health & Aesthetics GmbH, Sientra Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]