カプセルホテル市場、2027年までに2億7,418万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のカプセルホテル市場は、2021年に7,841万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は12.20%のCAGRで成長し、2027年までに2億7,418万米ドル規模に達すると予測されています。

カプセルホテル(ポッドホテル)とは、基本的なアメニティを備えたコンパクトな宿泊施設を指します。これらのカプセルはホテル内に組み込まれ、一列に並べられ、ロッカー設備、目覚まし時計、共同洗面所、充電ソケット、シングルまたはダブルベッドが備え付けられています。カプセルホテルの予約は、通常、オンラインおよびオフラインの予約モードを通じて行われます。カプセルは、金属、木材、プラスチックやグラスファイバーなどの硬質材料で製造されています。カプセルホテルは、旅行者に快適さ、プライバシー、安全性、利便性を提供します。ビジネスホテルと比較して、カプセルホテルは費用対効果が高く、広々とした共有スペース、バスルーム、シアタールームを提供します。

市場の動向

世界的な旅行・観光産業の著しい成長により、市場には明るい展望が開けています。旅行中に衛生的で快適、かつ費用対効果の高い予算に見合った宿泊施設を求める消費者が増えており、これが市場の成長に向けた原動力となっています。また、ミレニアル世代や一人旅の旅行者が、冒険や旅行探検、目的地の文化探訪のためにカプセルホテルを利用するようになっており、これが市場の成長に好影響を与えています。また、個人用カプセルやスマートポッドにアクセスするためのスマートフォンアプリケーションの統合など、さまざまな技術的進歩が市場成長の推進力となっています。さらに、これらの技術は、周囲の照明を明るくしながら、眠っている宿泊客を徐々に目覚めさせる音のないアラームシステムを提供します。これに伴い、カプセルホテルにおける人工知能(AI)の活用による健康状態の管理や宿泊客の食の好みの予測は、市場成長にプラスの影響を与えています。その他、消費者の所得の増加や、旅行や観光を促進するための様々な政府のイニシアティブの実施などが、市場の成長を後押しすると予測されています。

主要な市場区分

世界のカプセルホテル市場は、旅行者タイプ、予約モード、年齢層、用途に基づいて分類されています。

旅行者タイプ別の市場区分

・一人旅

・グループ

予約モード別の市場区分

・オンライン予約

・オフライン予約

年齢層別の市場区分

・ジェネレーションX

・ジェネレーションY

・ジェネレーションZ

用途別の市場区分

・オフィスワーカー

・観光客

・その他

市場の競合状況

世界のカプセルホテル市場における主要な企業としては、CubeHotelsGroup, De Bedstee Hotel, Hippo Pod, inBox Capsule Hotel, Mayu Tokyo Woman, Nadeshiko Hotel, Pangea Pod Hotel, Riccarton Capsule Hotel, St Christopher’s Inns, The Bed KLCC, The Capsule Hotel, Urban Pod Pvt Ltdなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]