有機染料市場、2027年までに51億2千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の有機染料市場は、2021年に36億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.6%のCAGRで推移し、2027年までに51億2,000万米ドル規模に達すると予測されています。

有機染料は、天然染料としても知られており、実質的な構造多様性を持つ複雑な芳香族化合物を用いて作られています。これらは、生物学的、化学的、光触媒的に高度な安定性を提供し、劣化に強いのが特徴です。そのため、農業研究、電気めっきなどのプロセスや、繊維、皮革、織物、紙パルプ、化粧品、医薬品など幅広い製品の製造に利用されています。一般的に利用されている有機染料には、酸性染料、バット染料、反応性染料、媒染剤などがあります。

市場の動向

消費者の環境に対する意識の高まりから、環境に優しい製品への需要が大幅に増加していることが、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。また、人工染料が赤ちゃんに与える有害な影響についての保護者の意識がかなり高まっており、嘔吐、チアノーゼ、腹部膨満などを引き起こす可能性があることが分かっています。このことは、世界の建設業界において、石積み、壁、床タイル、屋根タイルに有機染料を使用する機会が増えていることと相まって、市場の成長に寄与しています。さらに、印刷業界における数々の先進技術の導入は、この業界で活動する市場関係者に有利な成長機会を提供しています。このことは、テキスタイルの新しい色や革新的なデザインの導入と相まって、有機染料市場にプラスの影響を与えています。加えて、メーカーは研究開発(R&D)活動に継続的に資金を投入し、世界中で有機染料の加工と用途拡大のための強固で費用対効果の高い技術を開発しています。また、既存製品の品質向上にも力を入れており、これが市場の成長をさらに後押しすると予測されます。

主要な市場区分

有機染料の世界市場は、製品、原料、用途に基づいて分類されています。 

製品別の市場区分

・酸性染料

・塩基性染料

・反応性染料

・直接染料

・分散染料

・硫化染料

・その他

原料別の市場区分

・動物

・植物

・鉱物

用途別の市場区分

・塗料・コーティング

・テキスタイル

・プラスチック

・印刷インク

・その他

市場の競合状況

有機染料の世界市場における主要な企業としては、Albemarle Corporation, Altana AG, BASF SE, Cabot Corporation, DIC Corporation, DuPont de Nemours Inc., Ferro Corporation, Huntsman Corporation, Kemira Oyj, Kiri Industries Limited, Lanxess AG, Toyo Ink SC Holdings Co. Ltdなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]