スマートポリマー市場、2027年までに32億4千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のスマートポリマー市場は、2021年に13億7,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は15.3%のCAGRで成長し、2027年までに32億4,000万米ドル規模に達すると予測されています。

スマートポリマーは刺激応答性ポリマーとも呼ばれ、外部からの小さな環境条件の変化に反応して、可逆的な大きな物理的または化学的変化を起こします。このような環境条件には、一般的に温度、pH、光、磁場または電場、イオン性因子、生体分子などが含まれます。スマートポリマーは、投与回数の削減、調剤の簡便化、1回の投与で望ましい治療濃度の維持、組み込んだ薬剤の放出時間の延長、副作用の低減、安定性の向上などを支援します。また、汎用性と調整可能な感度を備えているため、制御薬物送達、組織工学、バイオメディカルなど、世界中で幅広い用途に利用されています。

市場の動向

スマートポリマーは自動車産業で広く採用されており、自動車の外装・内装部品を幅広く製造しています。これらの部品には、繊維複合タイヤ、作動バルブ、自己修復バンパー、流体衝撃システム、放射線流体検出、自動ワイパー、エンジンエアフローコントロール、エアバッグセンサーなどが含まれます。これは、市場の成長を促進する重要な要因の一つを表しています。これとは別に、スマートポリマーのさまざまな有益な特性のために、自己修復や色調変化のある部品やシステムの製造にも使用されています。さらに、バイオメディカルおよびヘルスケア業界では、スマートドラッグデリバリーシステムにこれらのポリマーを採用する動きが世界的に顕著になってきています。これは、スマートポリマーが治療領域内の薬物レベルの安定性を維持し、薬物レベルのモニタリングを可能にし、患者のコンプライアンスを向上させることができるためと考えられています。さらに、コロナウイルス(COVID-19)の発生が、パンデミックの拡大を防ぐための人工呼吸器やマスクなどのバイオメディカル機器・製品の需要にプラスの影響を与えたことも、市場の成長を後押ししています。

主要な市場区分

世界のスマートポリマー市場は、タイプ、刺激、アプリケーションに基づいて分類されています。

タイプ別の市場区分

・形状記憶ポリマー

・電気活性ポリマー

・自己修復性ポリマー

・その他

刺激別の市場区分

・物理刺激応答性

・化学的刺激応答性

・生体刺激応答性

アプリケーション別の市場区分

・繊維

・自動車

・電気・電子

・バイオメディカル・バイオテクノロジー

・原子力

・その他

市場の競合状況

世界のスマートポリマー市場における主要な企業としては、Akzo Nobel N.V.、Autonomic Materials Inc.、BASF SE、Covestro AG、Dow Inc.、Evonik Industries AG、Huntsman International LLC、Merck KGaA、Nippon Shokubai Co. Ltd.、Saudi Basic Industries Corporation (Saudi Arabian Oil Co.)、SMP Technologies Inc.、Solvay S.A.、The Lubrizol Corporationなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]