イヌリン市場、2027年までに23億3千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のイヌリン市場は、2021年に14億7千万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は8.05%のCAGRで成長し、2027年までに23億3千万米ドル規模に達すると予測されています。

イヌリンは、小麦、タマネギ、バナナ、ネギ、アスパラガスなど、さまざまな果物、野菜、ハーブに含まれる、白くて甘みのある難消化性炭水化物です。食物繊維が豊富で低カロリーであり、消化を遅らせ、満腹感を高め、コレステロールの吸収を抑えます。また、消化器系の健康を促進し、血糖値をコントロールし、大腸がんのリスクを低下させるのを助けます。さらに、免疫系の活性化、腸内の病原菌の減少、便秘の解消、ミネラル吸収促進による骨粗鬆症のリスク低減などの効果もあるため、菓子類、ミルクデザート、焼き菓子、ヨーグルト、フレッシュチーズ、チョコレートなどの製造に広く利用されています。

市場の動向

現在、世界中で乳製品の製造におけるイヌリンの利用がかなり増加しています。これは、イヌリンが脂肪や砂糖の代替、乳化剤、増粘剤、安定剤などの有益な特性を備えていることに起因しています。また、エアレーションドリンク、アイスクリーム、テーブルスプレッド、ソースなどの泡やエマルションの安定性を向上させます。これとは別に、消化管疾患の増加により、腸の健康に対する懸念が高まっていることも、市場の成長を促進する大きな要因となっています。さらに、イヌリンは、急速な水溶性、低摩擦性、胃や腸の酵素に対する安定性を提供しています。その結果、世界中の製薬業界でドラッグデリバリー剤として幅広い用途が見出されています。さらに、胃の中の酸性環境でも生き残る可能性があることから、錠剤、カプセル、錠剤バインダー、ワクチン安定剤のコーティング剤としても使用されています。さらに、運動不足による糖尿病患者の増加が、市場にプラスの影響を与えています。

主要な市場区分

世界のイヌリン市場における主要な企業としては、タイプ、形態、性質、用途に基づいて分類されています。 

タイプ別の市場区分

・エルサレム・アーティチョーク・イヌリン

・チコリーイヌリン

・リュウゼツランイヌリン

形態別の市場区分

・粉末

・液体

性質別の市場区分

・オーガニック

・コンベンショナル

アプリケーション別の市場区分

・医薬品

・健康補助食品

・食品・飲料

・ベーカリー・製菓

・穀類

・肉製品

・スポーツドリンク

・乳製品

・その他

市場の競合状況

世界のイヌリン市場における主要な企業としては、BENEO GmbH(Südzucker AG)、Cargill Incorporated、Ciranda Inc.、Cosucra Groupe Warcoing SA、Jarrow Formulas Inc.、NOW Foods、Nutriagaves Group、PMV Nutrient Products Pvt Ltd、Sensus B.V. (Coöperatie Koninklijke Cosun U.A), Steviva Brands Inc., The Tierra Groupなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]