ドライアイ症候群市場、2027年までに60億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のドライアイ症候群市場は、2021年に42億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は5.95%のCAGRで成長し、2027年までに60億米ドル規模に達すると予測されています。

ドライアイ症候群は、医学的には「乾燥性角結膜炎(KCS)」として知られており、患者の目の表面に潤滑油や水分が不足している状態を定義する用語です。この病気は、ほとんどの人がかかる可能性がある、一般的な病気です。ドライアイの症状には、目の痛み、灼熱感、目の充血、目の疲労感、目のかゆみ、羞明などがあります。また、目の表面が乾燥することで、乾燥を抑えるために涙が過剰に分泌されるため、涙目も症状として現れます。ドライアイ症候群を引き起こす要因としては、パソコンの過剰な使用、アレルギー、加齢、更年期障害、喫煙、レーシック手術、ホルモン補充療法などがあります。

市場の動向

また、糖尿病、甲状腺疾患、シェーグレン症候群、ループス、強皮症、関節リウマチなど、さまざまな病気も、人々の間にドライアイを蔓延させる原因となっています。統計によると、世界中で約4億2,500万人~4億3,000万人が糖尿病の影響を受けています。糖尿病は、患者の血液組成に一定の変化をもたらし、涙腺に悪影響を及ぼすため、ドライアイの有病率が上昇することになります。また、ドライアイ市場の成長に寄与しているもう一つの重要な要因は、高齢者人口の増加です。推定では、世界人口の約9%が65歳以上であり、2050年には世界人口の約17%を占めるようになると予想されています。ドライアイの有病率は高齢者の間で高く、今後、ドライアイ症候群市場は力強い成長を示すと予想されます。その他、認知度の向上、診断率の上昇、治療オプションの充実などが、この市場の成長を後押しする要因となっています。

主要な市場区分

世界のドライアイ症候群市場は、疾患タイプ、薬剤タイプ、製品、流通チャネル、地域に基づいて分類されています。

疾患タイプ別の市場区分

・蒸発性

・水性

疾患タイプ別では、蒸発性ドライアイ症候群が現在最も高い市場シェアを占めています。

薬剤タイプ別の市場区分

・抗炎症剤

・潤滑油点眼剤

・自己血清点眼剤

薬剤タイプ別では、現在、抗炎症剤が最も高いシェアを占めています。

製品別の市場区分

・液状点眼剤

・ゲル

・液体ワイプ

・眼軟膏

・その他

製品タイプ別では、現在、液状点眼剤が最も高いシェアを占めています。

流通チャネル別の市場区分

病院薬局

小売薬局

オンライン薬局

流通チャネル別では、現在、病院薬局が最も高いシェアを占めています。

地域別の市場区分

・北米

・欧州

・アジア太平洋地域

・中近東・アフリカ

・中南米

地域別では、現在、北米がドライアイ症候群の最大市場となっています。

市場の競合状況

世界のドライアイ症候群市場における主要な企業としては、Akorn Inc., Alimera Science, Allergan plc., Auven Therapeutics, Bausch + Lomb, GlaxoSmithKline plc, Nicox S.A., Novartis AG, Otsuka Holdings Co. Ltd, Santen Pharmaceutical Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]