ボールベアリング市場、2027年までに507億米ドル規模到達見込み

市場の概要

ボールベアリングの世界市場は、2021年に394億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.3%のCAGRで成長し、2027年までに507億米ドル規模に達すると予測されています。

ボールベアリングは、摩擦防止部品としても知られており、2つのリング状のトラックの間に、自由に回転する小さな金属ボールを挟んだ転動体の一種です。この金属球は、アキシアル荷重とラジアル荷重の両方を支えることで、摩擦の少ない滑らかな動きを実現します。ボールベアリングは、そのシンプルな設計により、メンテナンスが容易で、耐久性にも優れています。また、重量を支えたり、動力を効率的に伝達したり、可動部の位置を適切に調整したりするのにも役立ちます。これらの特性により、ボールベアリングは多くの産業で高速回転用途に広く使用されています。

市場の成長要因及び制約要因

風力発電機には、タービンの信頼性と性能を高めるために、メンテナンスフリーで高品質なボールベアリングが必要です。世界的な風力発電所の増加に伴い、この分野でのボールベアリングの需要は非常に大きくなっています。

メーカーは、コンベヤ、ロードローラー、電動機などに使用されるボールベアリング用のセンサー部品を開発しました。これらのコンポーネントは、回転速度、軸方向の動き、加速度、減速度、耐荷重のデジタルモニタリングに役立ちます。

メーカーは、低コストで効率的にボールベアリングの作業能力を向上させることに注力しています。また、トルクの低減、温度範囲の拡大、軽量化、エネルギー消費量の低減、ライフサイクルの向上、摩擦抵抗の改善など、既存のベアリングの特性を改善しています。

偽造品は、ボールベアリング市場の成長を妨げる大きな要因となっています。これらの偽造ボールベアリングは、機器の性能に劇的な影響を与え、売上の減少につながります。

主要な市場区分

ボールベアリング市場は、アプリケーション及び地域に基づいて分類されています。

アプリケーション別の市場区分

アプリケーション別では、自動車、一般工学、鉱山・建設、鉄道、航空宇宙・船舶、農業の各分野に分かれています。このうち、自動車分野が市場シェアの大半を占めています。

地域別の市場区分

地域別では、アジア太平洋地域がボールベアリングの主要市場であり、最大のシェアを占めています。その他の主な地域は、北米、欧州、中東・アフリカ、ラテンアメリカです。

市場の競合状況

世界のボールベアリング市場で事業を展開する主要企業は、以下の通りです。

・NTN株式会社

・ティムケン

・JTEKT

・SKF

・シェフラーグループ

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]