マットレス市場、2027年に492億米ドル規模到達見込み

市場の概要及び動向

世界のマットレス市場は、2021年に340億米ドルの規模に達しました。市場は2027年に492億米ドル規模に達し、2022年から2027年の間に6.2%のCAGRで推移すると予測されています。

マットレスは、綿、発泡ゴム、またはコイル状のスプリングを詰めた大きな長方形のパッドです。また、水や空気、様々な天然繊維で満たされることもあります。マットレスは、身体を適切にサポートし、快適性を与え、背骨をニュートラルな位置に保ち、睡眠を促すという重要な役割を担っています。さらに、睡眠の質に関係する神経過敏、頭痛、ストレスなどを最小限に抑えることができます。

現在、マットレスや枕カバー、ベッドリネンなど、さまざまな家庭用品の需要が大幅に伸びています。また、寝心地の悪さからくる腰痛や姿勢の悪化という問題を解決するため、体圧や体重を均等に分散し、優れた快適性を提供するエアベッド、ウォーターベッド、フォームベースのマットレスが広く採用されています。これらのマットレスはカスタマイズも可能で、睡眠中に背骨をリラックスさせるのに役立ちます。さらに、主要企業は、ウール、天然ラテックス、オーガニックコットンなど、天然で環境に優しい原材料を利用して作られたオーガニックマットレスの導入に注力しています。しかし、コロナウイルス(COVID-19)の発生と、それに伴うサプライチェーンの閉鎖や混乱により、市場の成長にも影響を与えています。

主要な市場区分

世界のマットレス市場は、製品、サイズ、用途、流通チャネルに基づいて分類されています。 

製品別の市場区分

製品別では、スプリングマットレスが現在最も人気のある製品となっています。これは、不快な寝心地による背中や姿勢に関連する問題の事例が増加しているためです。

・スプリング

・メモリーフォーム

・ラテックス

・その他

サイズ別の市場区分

サイズ別では、キングサイズのマットレスが消費者に高く支持されていることが分かります。

・ツイン/シングル

・ツインXL

・フル/ダブル

・クイーン

・キング

・その他

用途別の市場区分

現在、マットレスは、可処分所得の増加に伴う住宅購入の増加や居住ニーズの高まりにより、家庭での需要が拡大しています。

・家庭用

・商業用

流通チャネル別の市場区分

販売店、またはフランチャイズ店舗を持つ流通業者を含むオフライン小売業者が現在市場を支配しています。

・オンライン

・オフライン

地域別の市場区分

中国、日本、インド、韓国、インドネシア、オーストラリアなどを含むアジア太平洋地域は、現在、この地域における所得水準の上昇とeコマース産業の隆盛のため、市場において明確な優位性を示しています。

市場の競合状況

世界のマットレス市場における主要な企業としては、Kingsdown Inc.、Kurlon Enterprise Ltd.、Leggett & Platt Incorporated、Paramount Bed Co. Ltd.、Sealy Corporation、Serta Inc.、Simmons Bedding Company LLC、Sleep Number Corporation、Southerland Inc.、Spring Air Company、Tempur-Pedic International, Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]