クラウドPOS市場、2027年までに102億3千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界のクラウドPOS市場は、2021年に27億6,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は23.20%のCAGRで成長し、2027年までに102億3,000万米ドル規模に達すると予測されています。

クラウドPOSは、企業がインターネットを通じて顧客取引を処理し、業務を管理できるようにするWebベースの販売時点情報管理システムです。製品やサービスの販売時の取引を管理する、さまざまなハードウェア、ソフトウェア、サービスベースのソリューションが含まれます。クラウドPOSは、場所を取り高額なサーバーを必要とせず、複数の場所にあるPOS端末を効率的に管理し、顧客へのサービス提供の向上を実現します。また、スピードの向上、在庫管理、商品分析の提供、システムのダウンタイムの最小化も実現します。ハードワイヤードPOSシステムと比較すると、クラウドPOSはより正確で便利に使用することができます。その結果、クラウドPOSは、ヘルスケア、エンターテインメント、ホスピタリティ、輸送・物流など、さまざまな業界で幅広い用途が見出されています。

市場の動向

企業やその他の組織において安全かつ迅速な決済処理ソリューションに対する需要が高まっていることが、市場の成長を促進する重要な要因の一つとなっています。クラウドPOSは、日常業務の効率化や利益向上のための顧客行動追跡に広く利用されています。また、顧客対応業務の簡素化や販売業務の最適化を目的としたレストランでの製品採用が広がっていることも、市場成長に有利に働いています。さらに、高度な機械学習(ML)や人工知能(AI)技術をクラウドPOSシステムに統合し、顧客行動の監視や正確な在庫追跡、販売データの分析を実現するなど、さまざまな技術的進歩が市場成長の推進力となっています。これに伴い、映画館やカジノ、スポーツ競技場などでクラウドPOSシステムが広く採用されていることが、市場成長にプラスの影響を与えています。その他、消費者の間でデジタル決済ソリューションへの志向が高まっていることや、電子商取引業界の著しい成長なども、市場の成長に向けた原動力になると予想されています。

主要な市場区分

世界のクラウドPOS市場は、コンポーネント、タイプ、組織規模、アプリケーションに基づいて分類されています。 

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

タイプ別の市場区分

・固定型POS

・モバイルPOS

組織規模別の市場区分

・中小企業

・大企業

アプリケーション別の市場区分

・小売・消費財

・旅行・ホスピタリティ

・メディア・エンターテインメント

・運輸・物流

・ヘルスケア

市場の競合状況

世界のクラウドPOS市場における主要な企業としては、B2B Soft、Cegid Group、Fiserv Inc.、Intuit Inc.、Lightspeed Commerce Inc.、NEC(AT&T Inc.)、Oracle Corporation、Panasonic Corporation、PAR Technology Corp.、Samsung Electronics Co. Ltd.、Shopify Inc.、Square Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]