3Dコンクリートプリンティング市場、2027年までに295億650万米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の3Dコンクリートプリンティング市場は、2021年に6億3,520万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は82.20%のCAGRで成長し、2027年までに295億650万米ドル規模に達すると予測されています。

3Dコンクリートプリンティングは、セメント系3D建設印刷(3DCP)としても知られ、建物や建設部品を製造するために使用される付加製造の一形態を指します。最先端の3Dプリント技術、高度な機械、新しいコンクリート混合物を採用し、カスタマイズされた複雑なデザイン、形状、構造を作成します。3Dプリントされたコンクリートの層を、印刷装置のノズルから先に送り出された層の上に、目的の構造物が形成されるまで堆積させるというものです。近年、3Dコンクリートプリンティングは、プロセス全体の合理化、全体コストの削減、材料の無駄の最小化、生産性の向上、時間の節約、建設品質の向上に役立つことから、建設業界全体で急速に普及しています。

市場の動向

3Dコンクリートプリンティングは、従来の建設技術よりも高い精度と効率性、建設スピードの向上、人件費の削減、設計の柔軟性を提供します。その結果、カスタマイズされたコスト効率の高い建物に対する需要の高まりが、市場成長の主な要因となっています。これに加えて、急速な都市化、人口増加、消費者の可処分所得の増加により、世界中で手頃な価格の住宅に対するニーズが高まっていることが、製品需要を増大させています。さらに、3Dコンクリートプリントは、構造的完全性を確保しながら、パネル、屋根、壁などの軽量建設部品の製造を支援し、取り扱いコストや輸送コストを削減します。これとともに、複雑な建築構造や建築の柔軟性に対する需要の高まりが、市場の成長を促進しています。さらに、国内および国際的なイベントの増加に伴い、さまざまな国の政府がインフラ開発プロジェクトにいくつかの有利なイニシアティブと大規模な投資を行っていることが、市場の成長を後押ししています。加えて、3Dプリント技術の進歩に伴い、生コン、ライムクリート、吹付けコンクリート、高密度、プレキャストコンクリートなどの革新的なコンクリートミックスが登場し、市場成長を加速させています。その他、建設業界の拡大、急速な工業化、継続的な研究開発(R&D)活動などの要因も、市場に明るい展望をもたらしています。

主要な市場区分

世界の3Dコンクリートプリンティング市場は、製品タイプ、コンクリートタイプ、印刷タイプ、エンドユースに基づいて分類されています。 

製品タイプ別の市場区分

・壁

・床と屋根

・パネルとまぐさ

・階段

・その他

コンクリートタイプ別の市場区分

・レディーミックス

・高密度

・プレキャスト

・ショットクリート

・その他

印刷タイプ別の市場区分

・ガントリーシステム

・ロボットアーム

エンドユース別の市場区分

・住宅

・商業施設

・インフラ

・その他

市場の競合状況

世界の3Dコンクリートプリンティング市場における主要な企業としては、Apis Cor、COBOD International A/S、CyBe Construction B.V.、DUS Architects、Foster + Partners、Heidelbergcement AG、Holcim Ltd、Sika AG、Skanska AB、Universe Architecture、XtreeE、Yingchuang Building Technique Co. Ltd.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]