行動リハビリテーション市場、2027年までに3,117億米ドル規模到達見込み

市場の概要

世界の行動リハビリテーション市場は、2021年に2,313億米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は4.70%のCAGRで成長し、2027年までに3,117億米ドル規模に達すると予測されています。

行動リハビリテーションとは、個人の幸福に有害な特定の学習行動の治療のために使用される心理療法的手法を指します。カウンセリング、薬物療法、強化、罰、モデリングなどの様々な支援サービスを実施し、個人の心理的条件を変化させ、自己破壊的で不健康な行動の発生を最小限に抑えることを目的としています。イライラ、不適切な行動、薬物乱用、うつ、不安、衝動性、攻撃性、多動性、悲しみなどのパターンを特定し、解決する手助けをするものです。行動リハビリテーションは、個人の感情や行動を効果的に管理し、人格障害、気分障害、注意欠陥障害を治療することを可能にします。

市場の動向

不安症、認知症、うつ病などの精神疾患の患者数が増加していることが、市場成長の主な要因の一つとなっています。また、患者の間で部分入院プログラム(PHP)への嗜好が高まっていることも、市場成長の推進力となっています。これらの複数日プログラムは、リハビリテーションセンターや病院によって運営され、感情調節、紛争解決、アンガーマネジメント、薬物乱用の治療などを促進します。さらに、様々な政府機関や非政府機関が、心的外傷後ストレス障害(PTSD)や薬物中毒に苦しむ人々に行動リハビリを提供するキャンプを開催しており、これが市場の成長に寄与しています。さらに、オンライン・カウンセリング・サービスの利用可能性も、市場成長を促す要因として作用しています。コロナウイルス(COVID-19)パンデミックの発生により、個人はタイムリーな治療と回復支援を得るためにオンラインプラットフォームを広く採用するようになっています。その他、大衆の間で行動リハビリテーションに対する受容が高まっていることや、メンタルヘルスに関する意識を高めるために政府が有利な政策を実施していることなどが、市場の成長を後押しすると予想されています。

主要な市場区分

世界の行動リハビリテーション市場は、行動障害タイプ、医療環境、治療方法などに基づいて分類されています。

行動障害タイプ別の市場区分

・不安障害

・気分障害

・薬物乱用障害

・パーソナリティ障害

・注意欠陥障害

医療環境別の市場区分

・外来患者

・入院患者

・レジデンシャル

治療方法別の市場区分

・カウンセリング

・薬物療法

・支援サービス

・その他

市場の競合状況

世界の行動リハビリテーション市場における主要な企業としては、Acadia Healthcare、American Addiction Centers、Aurora Behavioral Health System、Behavioral Health Group、Haven Behavioral Healthcare Inc.、Magellan Health Inc.、Niznik Behavioral Health、Promises Behavioral Health、Springstone Inc.、Universal Health Services Inc.などが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]