リスクベース認証市場、2027年に105億1千万米ドル規模到達見込み

市場の概要

リスクベース認証の世界市場は、2021年に37億4,000万米ドルの規模に達しました。2022年から2027年にかけて、市場は17.70%のCAGRで成長し、2027年には105億1,000万米ドル規模に達すると予測されています。

リスクベース認証(RBA)は、消費者のIPアドレス、ブラウザ、ウイルス対策ソフトウェアの状態、物理的な位置情報を評価し、システムへのアクセス要求に関連するリスクを判断するものです。RBAは、リアルタイムの情報に基づいて、医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPPA)、連邦金融機関審査委員会(FFIEC)、セキュリティオペレーションセンター(SOC)などの内部および外部のコンプライアンスを維持するために組織を支援します。また、ユーザーの行動を追跡し、疑わしい行動を特定することで、ネットワーク内の高いセキュリティを確保することにも役立ちます。

市場の動向

現在、リアルタイムの決済ソリューションとその利便性から、オンラインバンキングの利用が増加しています。また、個人、グループ、企業、政府機関の機密データを閲覧、コピー、窃取するサイバー攻撃やデータ漏洩が急増していることも、市場成長を促す大きな要因の一つとなっています。さらに、コロナウイルス感染症(COVID-19)の発生とそれに伴う多くの国々での完全なロックダウンの実施により、リモートワーク制度の導入が拡大していることが、RBAの売上を押し上げています。また、BYOD(Bring Your Own Device)の傾向が強まっていますが、これはスマートフォン、タブレット、ラップトップの売上が伸びていることに起因しています。これは、投資家、エンドユーザー、業界関係者に有利な成長機会を提供することになります。加えて、医療、政府、小売の分野では、ログ記録、システム監視、エンドポイント保護など、RBAの用途が広がっています。さらに、主要な市場企業は、潜在的な脅威を軽減するための高度なRBAソリューションとサービスを提供するために、製品の革新と技術ベンダーとの戦略的パートナーシップに注力しており、これが市場の成長を後押しすると予測されています。

主要な市場区分

リスクベース認証の世界市場は、コンポーネント、導入形態、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分類されています。 

コンポーネント別の市場区分

・ソリューション

・サービス

導入形態別の市場区分

・オンプレミス

・クラウド型

アプリケーション別の市場区分

・不正防止

・クラウドアプリケーションセキュリティ

・IoTセキュリティ

・その他

エンドユーザー別の市場区分

・銀行・金融サービス

・小売

・IT・通信

・政府機関

・ヘルスケア

・その他

市場の競合状況

リスクベース認証の世界市場における主要な企業としては、Broadcom Inc.、Centrify、Equifax Inc.、ForgeRock、Gurucul、HID Global (Assa Abloy AB)、International Business Machines Corporation、Micro Focus International plc、Okta Inc.、Oracle Corporation、Secureauth Corporation、TransUnionなどが挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]